ここから本文です

姉妹社、姉妹都市、姉妹艦、姉妹校など、なぜ姉妹が多いのでしょうか。不思議に思...

そめさん

2014/1/2017:58:24

姉妹社、姉妹都市、姉妹艦、姉妹校など、なぜ姉妹が多いのでしょうか。不思議に思って質問しました。

閲覧数:
333
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2014/1/2019:18:47

日本経済新聞の下記の記事が参考になると思います。詳しくは、下記URLでご確認ください。

日本経済新聞 ライフトップ > くらし > ことばオンライン >
「姉妹都市」、なぜ兄弟都市とは呼ばないのか? (1/2ページ) 2013/7/3 6:30
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDB27001_X20C13A6000000/
以下抜粋します。
***********************
■命名はアイゼンハワー大統領
学校同士の関係では、姉妹校だけでなく兄弟校という呼び方もある。都市についても兄弟都市という言い方が全くないわけではないが、広く使われているのは姉妹都市だ。
この姉妹都市という言葉、どのようにして生まれたのか。
よく知られているのが、アイゼンハワー米大統領が1956年に提唱した「市民と市民のプログラム」だ。第2次大戦で荒廃した欧州を元気づけるため、国境を越えた市民同士の交流を盛んにして相互理解を進めようと呼びかけた。このとき用いた言葉が「姉妹都市」提携で、英語でシスターシティー(sister cities)とあった。

■仏語・独語で町は女性名詞
なぜ、ブラザーではなく、シスターだったのか。広くいわれている説は、シティーという英単語が「女性名詞」の流れをくむのでシスターを当てたというものだ。
ヨーロッパの言語、フランス語やイタリア語などには文法上、名詞に女性、男性の区別がある。ドイツ語にはさらに中性名詞が加わる。名詞の性が違うと、それに付く冠詞が異なる。例えば、フランス語で太陽は男性名詞なので「le soleil」となるが、月は女性名詞なので「la lune」となる。英語の名詞は女性、男性の区別がほとんどなくなっているが、もともとは同じヨーロッパに起源をもつ言語で名残はあると考えられている。
中学校の英語の授業で、船(ship)を代名詞にするときは、「彼女(she)」で言い換えるようにと教わった人は多いだろう。国も「彼女」で受けることが多かった。
フランス語やドイツ語では町は女性名詞。英語でもシティーは女性名詞だったことが遠い昔にあったのかもしれない。

■性別分けは「インド・ヨーロッパ祖語」から
遠い昔と書いたのは、ヨーロッパの言語は「インド・ヨーロッパ祖語」というものを起源にしているという研究があるからだ。
太古、インドやロシア南部から中東、ヨーロッパ大陸にかけて、そこに住む人々が話したとされるインド・ヨーロッパ祖語。それがラテン語やゲルマン語などに分かれ、さらにはフランス語やドイツ語、英語などにつながっていったと考えられている。
インド・ヨーロッパ祖語の時代から名詞に女性、男性の区別があったとされており、その分け方には諸説あるが、1つはもともとの性別に従ったというものだ。つまり、父という名詞は男性、母は女性名詞といったぐあいだ。
また、そのモノや自然現象などが女性的か男性的かで分けたという説もある。この場合は、そこで暮らす集団ごとに感覚が違うから、同じモノでも性別は異なることになる。例えば、水はフランス語では女性名詞だが、ドイツ語では中性名詞。英語では「彼女」という代名詞で受ける船は、フランス語では男性名詞、ドイツ語では中性名詞だ。

フランス語の女性名詞・男性名詞の例
..女性名詞..................男性名詞
....月........lune............太陽......soleil
..大地......terre...........空........ciel
..テーブル..table.........机........bureau
..車........voiture........タクシー..taxi
..帯.........obi.............柔道......judo

■性別なくす流れ ハリケーンも“男女同権”に
太古からの言葉が、どんな決まりで女性、男性に分けられたかはよくわかっていないが、新しい言葉(新語)は誰が性別を決めているのか。
フランスでは外来語については自然と男性名詞とされるケースが多く、フランス、ドイツともIT(情報技術)関連の新語は多くが男性名詞扱いになっているという。
ただ、最近は名詞の性別をなくしていこうという流れがある。ドイツでは新しい言葉は中性名詞扱いにすることも多くなってきているそうだ。
こうした流れから、姉妹都市提携についても、友好都市や親善都市といった表現にするケースがある。
さて、夏から秋にかけてカリブ海などで発生するハリケーン。女性の名前が付くことはよく知られているが、これは女性名詞とは関係ない。第2次大戦のころ、熱帯低気圧に向けて調査飛行に臨んだ米海軍や空軍の隊員が、自分の妻や恋人の名前を付けたことに由来する。現在の命名者は米国立ハリケーンセンターで、実は1979年からは男女同権という観点から男性名も交互に付けるようになっている。大きな被害をもたらした2005年のカトリーナ、12年のサンディなどの記憶が強いので、いまだに女性名だけと思われがちだが、ここでも性別はなくなっている。
*****************

質問した人からのコメント

2014/1/21 17:34:55

降参 新聞でも取り扱われたことがあったのですね!参考になりました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ura********さん

編集あり2014/1/2019:08:31

女性名詞だからです。

ヨーロッパの言語では、名詞に性別がありますよね。
「都市」や「学校」は女性名詞なのです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる