『都知事選:「脱原発」抗議行動が倍増 関心高まり』2014年01月25日 → たくさんの電力族を含めた圧倒的な議員数を持つ自民党・安倍政権は、 「原発再稼働」「原発輸出」「秘密保護法」「憲法改悪」など、

『都知事選:「脱原発」抗議行動が倍増 関心高まり』2014年01月25日 → たくさんの電力族を含めた圧倒的な議員数を持つ自民党・安倍政権は、 「原発再稼働」「原発輸出」「秘密保護法」「憲法改悪」など、 決してあってはならない悪魔の暴走を繰り返している。 「国民の命」「民主主義」「人権」を踏みにじり、不正/癒着に満ちた電力業界の行政改革による「本物の成長戦略」は行わない。 安倍政権の成長戦略「第3の矢」は、原発と武器の輸出だけ。なんと日本を「死の商人」にしようとしている。 ⇒ 国政選挙がしばらくない以上、都民/国民は、少なくとも今回の都知事選挙で自民党に「NO!」を突き付けないと、日本国が取り返しのつかない方向に突き進んでしまうのでは? ・・・ 『都知事選:「脱原発」抗議行動が倍増 関心高まり』毎日新聞 2014年01月25日 「原発の是非が争点に浮上した東京都知事選の告示から一夜明けた24日、首相官邸前などで毎週金曜に行われている脱原発を訴える抗議行動に普段の倍近い約2000人(主催者発表)が集まった。参加者らは争点化を歓迎する一方、脱原発を主張する主要候補者が複数いることに「どこに投票したらいいんだ」「票が割れてしまうのでは」との声も上がっていた。 約1年前からデモに参加しているという港区の会社員、鈴木夕子さん(42)は「都知事選は脱原発を実現する最大のチャンス。ここで流れを止めるわけにはいかない。脱原発候補は一本化してほしかった。票が割れて実現できなければ意味がない」と話した。 江東区の会社員、八文字(やつもんじ)隆二さん(30)は「一時期は(抗議行動の)参加者がすごく減ってしまったが、都知事選で関心がまた高まったことはうれしい。どの候補が都政をよくしてくれるか見極めないといけない」と語った。【斎川瞳】」 ・・・ ■枡添氏に大義なし! ・政党助成金で借金返済、舛添氏の「新党改革」;政治と金の問題が発覚。 ・後援会代表が元指定暴力団幹部。 ・その他、生活保護や女性問題などの数々のスキャンダル この人には、そもそも都知事候補としての資格など無い! ■『「原発ゼロ」小泉氏と細川氏に大義あり!』 「これは日本の存亡をかけた選挙だ」 「原発ゼロで東京は発展できる。実現可能な夢だ」 「原発ゼロの方向を明確に示し、自然エネルギー大国日本を打ち出す」 「原発即ゼロで新しい未来を築くことがはっきりしている候補は、あまりいない」 「今回の都知事選は、国政に最も影響を与える。将来の日本に影響を与える。」 「原発ゼロを東京から世界に向けて発信できる」 「原発は安全?安い?冗談じゃない。原発は安全でもない。原発は一番コストがかかっている。」 「その費用を負担するのは、これからの若い人たちではないか」 ・・・ ◆細川/小泉連合には、大義がある。良識や正義がある。 さらに、彼らの「即時原発ゼロ」主張とは、実は、腐敗しきった電力業界の大行政改革であり、本物の成長戦略でもある。速やかな原発ゼロによってこそ、電力業界の規制緩和と、公正な電力自由化が可能になり、大規模な次世代産業の育成と雇用の創出が期待できる。 日本国が、すでに遅れている再生可能エネなどの次世代産業のグローバル競争に勝ち残るためには、「即時原発ゼロ」こそがまさに必要。 電力の最大消費地の東京都と、原発立地県の新潟県の両知事が「原発ゼロ」を主張すれば、柏崎刈羽原発の再稼働を止めることができる。いまだに反省のない原発依存の東電の経営体質を根本から改革する大きなきっかけとなる。 もし東電が原発依存から脱却すれば、それは地方にも波及し、日本国全体が生まれ変われる。これから大地震がいくつも襲ってくる日本列島で次の深刻な原発災害を未然に防止できる。 東京から国を変えることができる。日本を救うことができる。 細川もりひろ元首相 街頭演説 小泉純一郎元内閣総理大臣演説 http://tokyo-tonosama.com/#top ☆原発ゼロが新しい成長に点火する ☆2020年 オリンピック・パラリンピック 東京 東北 ☆「防災都市・景観都市・東京」に水と緑の力をいかす ☆都市基盤の整備をすすめ、美しく機能的な首都へ ☆子どもと高齢者にやさしい「先見的都市モデル」を ・・・ ◆東電の火力燃料消費はすでに劇的に減少。原発ゼロでも電力は大幅に余っている! ・東電は震災後のたった数年で約880万kWの先端火力(LNG/石炭)を新設/増強。 ・東電の最大電力需要は約900万kW(13.5%)減少。電力需要実績(上期)も12.5%減少。 ・全国で太陽光を中心に再生可能エネが2013年4月から毎月58万kWずつ急増中。 ・東電の離脱需要は560万kWにも達し、年120万kWずつ離脱。異業種からの参入が相次いでいる。 → すでに、2013年の東電の一番高い石油消費量は前年比約45%減少。石油火力設備の半分以上が休止し余っている。原発ゼロでも、もし円安で燃料単価上昇がなければ、すでに東電の燃料費は震災前に戻った可能性すらある。 → 東電管内ではすでに実質的に原発は全く不要! ※

画像

ベストアンサー

0

本日は仕事を終えて原子力カテゴリーでaliedaa2007を発見してキツイお灸を据えており、今の私はバッハ名曲集を聴きながら機嫌良く回答しております。 http://nanohana.me/?p=12864 ( おさらい 電力は足りている、そして電力会社のウソ) (1) そもそもが以上の様に、原発と揚水は不要であり、更に先端火力を中心に電力増強が2,000万kWも発災後の3年弱で成されており、最大電力需要が2,000万kWも減少し、東日本大震災からの3年弱で、4,000万kWが不要又は離脱需要と成っており、原発と揚水の7,000万kWを差し引いても日本国の電力供給容量は2億2,000万kW強であり、対する最大需要電力は1億6,000万kWと成り更に減り続ける事が人工減少や省エネ化や離脱需要の増大から明らかなのであります。 http://www.greenaction-japan.org/internal/101101_oshima.pdf#search=... ( 「原子力発電は安い」は嘘。その理由は?) また、原子力発電コストが安いと言うのも完全なウソであり、ランニングコストだけでももはや石油火力や太陽光発電よりも高くなって来ておるのであります。 更に、廃炉、放射性廃棄物の処理等のバックエンドコスト、MOX燃料関係、核燃料サイクル、高速増殖炉関連のコストが計算からわざと除外されており、政府からの原子力関連予算もコスト計算に入れていないと言う嘘に塗り固められた発電方式であり、最も高く青天井的コストを発生させる【諸悪の根源】なのであります。 更に、巨大地震、火山の【破局的大噴火】による大火砕流や火山弾等による原子力施設への襲来や破壊、火山灰の降り積もりによるショートを切っ掛けとする火災から発生して全電源喪失に至ったり、原発が敵対国のテロ目標化や軍事攻撃対象化されて核戦争並みの事も起き得るし、人為的ミスにも在り得るし、まさに【ロシアンルーレット】の恐怖に国民は晒されておるのであります。 故に、可及的速やかに全原発を【石棺廃炉】すると共に使用済み核燃料等の放射性廃棄物の「乾式キャスク」への移動から【中間貯蔵施設】での厳重保管を経て【宇宙投機】されるべきであると思うのであります。 http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n247831 原発の再稼働は、まさに日本国経済の活性化や持続的成長を阻んで、【電力の完全自由化】をも阻み続けて、何時まで経っても経済の成長が在り得ない事と成っておるのであります。 (2) 当然に今まで付き続けた嘘は都民や国民の知れ渡る処と成り、深刻な安倍晋三への不支持率の急上昇へと繋がっており、これは自民党偽議員でも経世会系や宏池会系等の保守本流の反北朝鮮=清和会+創価学会&公明党への畝りが起きつつあり、細川護煕元総理の圧勝で自民党内では確実に党内クーデターが起こって、少数派と成った原発推進原理主義の清和会偽議員共の政治生命は終わるのであります。 電力族議員を多く抱える自民党ではありますが、安倍晋三等の脳足りんは別にして、原発の次の利権漁りを必死で行い、別の汚い金が手に出来れば、見せ掛けの脱原発派に成り、ジェイ・ロックフェラー&ジェイコブ・ロスチャイルドの世界新支配勢力に逆らう命知らずは狡猾なので、玉砕型の石破脳足りん等の阿呆ける連中しか居ないと思うのであります。 共同通信でさえ、安倍晋三への見切りを付けて、小泉純一郎元総理の自民党での影響力の絶大化から、原発推進派は【抵抗勢力】として放射性廃棄物同様に始末されるモノと思うのであります。 アホノミクスでインフレーションの影響からか生活必需品の高騰が著しく、消費増税を混入して更なるハイパワーインフレーションを招いて、企業の製品が売れなく成り企業利益は縮小・悪化して行き、給与水準の低下やリストラを行い、更なる家計の可処分所得を減少させて、更に物が売れなく成ると言う経済恐慌に陥り、ハイパワーインフレーション下の経済恐慌即ち【重篤なスタグフレーション】が持続化して日本国経済は何十年もどん底に落ち続けて行き、当然に凡ゆる税収は激減し、再度の増税や赤字国債の大量発行をして国際社会の信用を更に失って行く事は、火を見るよりも明らかなのであります。 また、原発や武器の輸出に奔走して【死の商人】と成っており、壮大な国際犯罪を遂行中であり、世界中の非難が集中しており、日本人で在る事が海外で胸を張って言えるか甚だ疑問に成って来ており、全て安倍晋三一味等の不良朝鮮人のせいにのであります。 更には、国民の生命や健康や財産を屁ともせずに、軍事独裁体制にしようとする【特定秘密保護法擬き】や憲法改悪による【ブラック社会化】を安倍晋三一味は行おうとしており、原発と共に【宇宙投機】並みの隔離をする必要が有ると思うのであります。 故に自民党や公明党=創価学会の推薦し、以下の様に問題を抱える陣営に大義など全く無いと言えるのであります。 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12120087347(私c20ck12の回答参照) (3) それに対して細川護熙元総理は、如何なる政党の支持も断り、全ては小泉純一郎元総理と連携し、これに大同小異で一致団結して、当然ではありますが戦いを優位に進めつつあると思うのであります。 細川・小泉連合には大義が在り良識や正義が在り、さらに、彼らの「即時原発ゼロ」主張とは、実は、腐敗しきった電力業界の大行政改革であり、本物の成長戦略でもある。速やかな原発ゼロによってこそ、電力業界の規制緩和と、公正な電力自由化が可能になり、大規模な次世代産業の育成と雇用の創出が期待できるのであります。 日本国が、すでに遅れている再生可能エネなどの次世代産業のグローバル競争に勝ち残るためには、「即時原発ゼロ」こそがまさに必要なのであります。 そして、原発を再稼働せずに、短期集中的に【石棺廃炉】や放射性廃棄物&核兵器の【宇宙投機】を実現する道筋を立てる、その事により【次の深刻な原子力災害】を未然に阻止して、東京から国を変えて日本国を救うのは、東京都民一人一人の決断に迫られておるのであります。 また、細川護熙元総理を市民団体も大半が支持しており、「結いの党」、「生活の党」、ノーベル平和賞候補の瀬戸内寂聴師を始めとする有名人にも支持が広がっております。 日本維新の会は在って無しの分裂状態であり、ボケ老人グループと若手との世代間でのズレが先鋭化しており、熊本選出の大政治家の松野頼三氏の息子の松野頼久幹事長の率いる30人(70)の集団は暴走老人から逃げる様に細川護熙元総理の陣営に駆け付けたのであり、デビィと石原慎太郎が田母神利雄を支持する以外は大半が細川陣営に付いたと言う事であります。 宇都宮健児氏の支持の中核の作家や言論人、学者が相次いで泡沫候補化しつつ在る宇都宮健児氏への一本化を果たせなかった為に、雪崩を打って細川陣営に移っており、本来は保守で無いような人まで細川氏支持を表明しており、事実上の【原発即時ゼロ候補】の一本化を果たした事と成ったと思うのであります。 http://www.asyura2.com/14/senkyo159/msg/784.html (4) ユダヤ企業のムサシ、電通&御用マスコミ、清和会、創価学会、選挙管理委員会等による【不正選挙】により、衆参両院に議員が不在な状況と成っており、結果として選挙のやり直しに持ち込む事も東京都知事選挙の細川護煕元総理の圧勝で、そう言った方向へ変わり暫定政権が清和会&公明党、みんなの党等を除く大連立の暫定政権を樹立する事に繋がり、【原発即時ゼロ】を宣言して粛々と原子力全ての核融合を含む廃絶と後戻りの出来ない様に短期集中的に【石棺廃炉】云々と言う事を進めると共に、【一票の格差】の出ない選挙制度改革を行い、例の【不正選挙犯罪人】共を【内乱罪、外患誘致罪、公職選挙法違反、組織的犯罪処罰法、破壊活動防止法】等も適用して、死刑を含む厳罰に処するべきと思うのであります。 (5) (火力燃料費の高騰は【原発マヒィア】の造語であり、捏造された全く虚偽であり、それを理由とした一連の【電力料金の不当値上】は、日本国が法治国家で在るのなら、明らかに【詐欺+組織的犯罪処罰法】を適用して長期懲役を受ける筈なのであります。 シェールガス革命の恩恵を受けた後は、日本海とオホーツク海に無尽蔵に生成され続けている最高品質の採掘の容易で輸送コストゼロを含めて極めて安い天然ガスを2018年には10府県知事の連合組織である【日本海メタンハイドレード連合】が実現させ、日本海側の全域にメタンハイドレード基地とGTCCの併設で、限り無く安い先端ガス火力が建設されようとしており、既存電力会社及び【原発マヒィア】の滅亡のカウントダウンが始まっておるのであります。 http://trtrtrend.blog.so-net.ne.jp/2013-10-31-1(メタンハイドレート開発促進日本海連合) (6) 東電の離脱需要は560万kWであり、原発6基弱が不要と成ったと言う証拠であり、発災後の3年弱で880万kWを新設・リプレースしており、最大需要電力の900万kWを合わせると、既に東電管内の原発の総出力量を大きく上回っており、20基近い原発が不要と成ったと言う現実なのであります。 石油火力はそのために不要と成り次々と停止し、東電管内では半分以上が停止しておるのも現実なのであります。 柏崎刈羽原発などの稼働の是非には及ばず、東電の不良経営陣や社員は終身懲役で福島第一原発事故の抜本的収束作業に従事すべきと断言するモノであり、また経営陣や幹部、社員は進んでこの作業に志願して貰いたいモノであります。 (7) 原発即時ゼロを決定して【電力の完全自由化】を断行し、先端ガス火力や再生可能エネルギー、水素エネルギー、蓄電池、電力ネットワークの整備と管理等の次世代産業の育成と電力料金の劇的下落の両方の影響から莫大な雇用を創出して、日本経済の活性化と持続的成長が約束されておるのであります。

画像

その他の回答(4件)

0

凄い!放射能を超えた! 細川の、北極圏でシロクマが大量死してるW 嘘話発言に勝るもの無しWWW

0

細川氏の当選を願います。負けたら原発選挙に勝ったということで再稼働まっしぐらでしょう。そう思うと脱原発候補を一本化できなかったことは大きいように思います。

0

原点に戻って考えると、自民党を返り咲かせ、参院選でねじれを解消させるなど自民党の暴走を許したのはまぎれもなく我々国民です。だったら、その事実を自覚した上で、タイなど諸外国のように不条理な事に対しての抗議を皆で力を合わせて訴えていく事で現状を変えられます。しかし、少なからずの人はあきらめムードになったり、現政権が暴走している事にすら気づいていないなど多くの問題があります。だったら、友達など身近の人達と常に意見交換をするなど横のつながりを広げていくのも一つの手段だと思います。それと、現政権が嫌っている中国や韓国とも国民同士での交流を深めていく事も一つの手かもしれません。

0

日雇い派遣を日払いでおこない。 源泉徴収の日額表の丙欄を使わずに甲欄を適用して、社会的立場の弱い日雇い労働者から強制的に所得税を集め、日雇いの雇用保険、日雇いの健康保険に加入させない、周知、案内さえ行わず、労働保険料(労災保険料 一般の雇用保険料)は給与明細に記載されないように派遣会社が全額負担していた。 健康保険も地方自治体が補助金をもらえるように、日雇いの健康保険には加入させないようにしていた自民党だよ 日雇い、日払いであれば、源泉徴収日額表では、丙欄になり、9300円未満の給与であれば、源泉徴収額はゼロ円であります。 ゼロであれば、日雇いと認られて、きちんと失業給付も受けられるようになっていた。 失業給付も受けられないように、低所得でたくさんの若者を働かせたのが、自民党や公明党である