ここから本文です

1つのATMから、大勢が多額の引き出しを行うと、ATMの残金がなくなってしまい、お...

kin********さん

2014/1/3100:21:01

1つのATMから、大勢が多額の引き出しを行うと、ATMの残金がなくなってしまい、お金を引き出せなくなると思うのですが、そのような場面に遭遇したことあるかたおられますか?

また銀行はそれ

を避けるために、普通どれくらいの金額をATMにいれておくものなのでしょうか?

宜しくお願いします。

閲覧数:
688
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

car********さん

編集あり2014/2/309:20:01

金融機関によって多少違うところもありますが、基本は次のとおり運用されているので大丈夫です。
ATMに現金が少なくなったら、そのATMを管理している部署(集中監視センターや支店、警備会社など)にアラーム等で現金補充のサインが流れます。これを受けて速やかに現金補充がされます。
金融機関によって違いますが、利用が多く見込まれる日は少し多めに現金を入れておいたりしているようです。最近は、警備会社に委託して休日や夜間でも迅速に対応できる体制をとっている金融機関が多いようです。
それから、最近のATMは紙幣還流型(入金された紙幣が出金に回るようになっている)なので、現金が空になることは少なくなっています。

質問した人からのコメント

2014/2/3 23:58:54

皆様、過去の情報や実態など、色々と情報ありがとうございました。

生きてる間に遭遇することもないかと思いますが…

参考になりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

qse********さん

2014/1/3122:43:55

年金・給与等の受取日になると、大挙してATMに支払が押し掛けますので資金枯渇もあります。 この場合はATM側で縮退運用に入り、入金のみで運用し、再び資金が溜まった所で縮退解除になり払が可能になります。
ATM内部のスタッカが完全に枯渇してしまう前に縮退運用に入りますので、空にはなりませんが、顧客操作部の支払釦が消え、機種によっては「只今入金のみ取扱中」の表示も出ます。(ATMアプリケーションによります。)
営業店設置のATMの場合はノンストップ運用が可能ですので、背面から資金補充をします。 店舗外ATMの場合は紙幣カセット毎の交換を行うか、係員操作により入金口から資金を投入し補充しています。
格納資金額ですが、各ATMの平均取扱額を基に、連休や年末年始の需要を見込んで格納額を決めています。 只、防犯上の問題もありますので、詰め込めば良いと云う訳ではありません。 そこそこ大金を入れております。

kum********さん

2014/1/3102:13:11

普通の日(営業日)であれば、現金がなくなりそうになったら支店の金庫から現金を出して補充すれば問題ない。支店ではないところのATMにある警備会社などに業務委託しているはず。ゴールデンウィークなど休業日が続く場合は、契約している警備会社が補充するか、最悪誰かが出勤して対応することになると思います。どれくらいの金額をATMに入れておくかは、銀行や支店(の立地条件)などによって違うし、仮に知っている人がいてもこんなところで教えてくれませんよ。

プロフィール画像

カテゴリマスター

pos********さん

編集あり2014/1/3100:34:31

遭遇したことはないですがコミケの時のATMはなっていたようです
http://www.j-cast.com/2009/08/17047602.html?p=all
地方からのゆうちょ利用者が集中したとのこと

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる