ここから本文です

現金を妻等の名義で貯金しておいた場合、相続財産になるんですか?

beibubeibujpさん

2007/7/220:55:47

現金を妻等の名義で貯金しておいた場合、相続財産になるんですか?

たとえば、自分に現金3000万円、不動産7000万円相当の財産があるとして、死んだ場合に相続税がかかるからと、通帳に入った現金全額を下ろして、子や孫の名義で貯金したとします。
その数年後に自分が死亡した場合、現金3000万円は相続財産として課税の対象になるんでしょうか?
数年前に一気にお金を下ろして同時期に子や孫へ同額の金額が貯金されているので、明らかに相続税対策だな、と言えるような場合です。

相続人は妻と子2人です。

閲覧数:
3,530
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yong_e_panさん

編集あり2007/7/222:55:14

>自分に現金3000万円、不動産7000万円相当の財産があるとして、死んだ場合に相続税がかかるからと、通帳に入った現金全額を下ろして、子や孫の名義で貯金したとします。

これは贈与となりますので多額の贈与税を払わなければなりません。
 http://www.taxanser.nta.go.jp/4408.htm
1500万円贈与したら、もらった子供は、
 (1500万-110万)x0.5-225万=470万円
を払う必要があります。

相続時清算課税制度を利用することもできます。

>その数年後に自分が死亡した場合、現金3000万円は相続財産として課税の対象になるんでしょうか?

3年以内の贈与は相続税の対象として再計算され、贈与税は返還されます。

>相続人は妻と子2人です。

見なし相続資産=生命保険-500万x3人

相続税対象額=資産+3年以内の贈与+相続時清算課税財産+見なし相続財産-負債-葬儀費用-基礎控除5000万-1000万x3人

相続税総額=相続対象額x税率-控除
 http://www.taxanser.nta.go.jp/4155.htm

これを3人の分割財産で按分します。贈与税を払っていたら引いてください。妻は財産の半分または1億6千万円まで非課税です。

貴方の場合、9000万円だけを見れば8000万円は控除されますので、1000万円が対象となり、相続税総額は10%の100万円。これを法定相続で分割すると、奥様は0円、子供は一人25万円です。あえて贈与税を払う必要はありません。

質問した人からのコメント

2007/7/8 01:19:34

詳しく教えていただいてどうもありがとうございました。贈与税と相続税ではかかってくる税金が桁違いなんですね。勉強になりました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。