ここから本文です

DDR4で転送速度が更に速くなるそうですが、メモリの転送速度が速くなると何が良く...

vot********さん

2014/2/1020:31:57

DDR4で転送速度が更に速くなるそうですが、メモリの転送速度が速くなると何が良くなるのでしょうか?

CPUが速くなれば、エンコードとかも速くなるのは解るのですが。
メモリだと、どういうところが良くなるのでしょうか。
ある程度容量を大きくすれば快適になりますが、メモリの転送速度が速くなると何が良くなるのでしょうか?

今、古いPCでDDR2を使っていますが、メモリーに不満はありません。(6GB積んでいます)

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
5,652
回答数:
4
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

qna********さん

編集あり2014/2/1721:45:24

色々な意見があるので混乱すると思います。
まず初めに、転送速度が速くなれば処理速度が向上します。エンコードも若干は早くなるでしょう。特に内蔵グラフィック利用の場合、専用メモリがないのでメインメモリを利用します。
よってメモリが早いほど内蔵グラフィック利用PCには有利でしょう。


もちろんシステム自体の高速化もあるでしょうが、CPUの処理速度に比べてメモリの速度が全くついて行けていないというのは事実です。
CPUには1次キャッシュや2次キャッシュ、3次キャッシュなどがあるのはこのためです。これらは超高速なメモリをCPUに直付けしているようなもので、メモリよりも圧倒的な速度を誇る反面、容量がほんの少ししか搭載できません。しかし、処理の高速化に貢献しています。

でも、そんなキャッシュを前にすればメモリの速度の違いなんてどんぐりの背比べのようなものです。劇的な変化は見られないでしょう。


それから省電力化ですが、
>他の方が電圧が下がる 省電力とか馬鹿をいってますが
>現在DDR3で低いもので通常1.5Vで動いてます。

現在のメモリには通常タイプと省電力タイプの2種類が販売されています。
通常タイプはパフォーマンス重視で、最高の速度を得られます。電圧は1.5vです。
省電力タイプはバッテリー長持ちでそれなりのパフォーマンスを得られます。モバイル向けで、一部のノートPCに搭載されています。価格は少し上がります。1.35vです。規格の最後にL(DDR3Lなど)がつきます。
※さらに電圧の低い省電力タイプのものもあります。1.25vでの動作で規格の最後にUがつきます。

>SPEEDがあがる。→電力消費大→電圧下げ
メモリの消費する電力は電圧の2乗に比例するそうです。http://www.dosv.jp/feature01/201207/13.htm
省電力タイプは価格がそれなりに上がるので、設計において通常のものとは少々異なる点があるのかもしれません。
http://sp.e-words.jp/w/DDR3L-RS.html

ゲーマーやヘビーユーザーのようにパフォーマンスを求める人もいれば、ビジネスでの利用者や大学生でPCを持ち歩く人のようにバッテリーの長時間持続を求める人もいます。両方の需要があるので両方別々に販売されるのではないでしょうか。

最後に
>ある程度容量を大きくすれば快適になりますが、
メモリの容量が増えるだけで快適になるわけではありません。それはメモリの容量の不足の解消によって重さが改善されたことを「快適になった」と錯覚しているだけです。
必要以上メモリを増設しても、同じ速度のものならばデュアルやトリプルなどのチャンネル動作に変えたりしない限り早くはなりません。チャンネル動作は基本的に同じ規格で同じ速度ののものなら有効になりますがメーカーを選ばないと相性の問題が現れます。


>メモリの高速化は単体では、まったくシステムの高速化には寄与しません。
システムとしてのメモリアクセスの高速化ができて、初めて高速化です。
(1nsのものを使おうが、10nsのものを使おうが、システムが10nsのタイミングで動作していれば、
能力は同じです。)
システムとはシステムバスのことですね?
システムが10msだからメモリは早くても意味ないとはどういうことですか?
システムバスとはCPUとメモリや他の装置との同期のタイミングのベースです。
CPUはこのベースのクロックの整数倍のクロックで動作します。DDRメモリは2倍のクロックで動作しますのでメモリの本来のバスクロックは2分の1です。(ddr3-1600ならバスクロックは800Mhz)
メモリのバスクロックがシステムバスクロックに同期させられるのではなく、
整数倍するとCPUのクロック数で、メモリのバスクロックを超えない値がシステムバスクロックです。よって同期はメモリとCPUのクロックに関係するの間違いではありませんか?

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

frm********さん

2014/2/1612:48:57

CPUと同じ様に、メモリのアクセス速度が上がれば、処理が速くなります。
動画のエンコードのような、取り扱うデータが大きい処理ほど速度向上が顕著です。

gag********さん

編集あり2014/2/1719:11:51

他の方が電圧が下がる 省電力とか馬鹿をいってますが

SPEEDがあがる。→電力消費大→電圧下げて、少し遅くなっても、消費電力を少し下げるかですので、
消費電力低下の効果はまったくありません。

(最近は、微細化による電荷縮小以上にリークや高速化で電力大になってますので。
電力大でSPEED上げられんと、二十年前のメインフレームと同じ轍を踏むMPUメーカ(IN◎◎狂ってる)もいますが)

メモリの高速化は単体では、まったくシステムの高速化には寄与しません。
システムとしてのメモリアクセスの高速化ができて、初めて高速化です。
(1nsのものを使おうが、10nsのものを使おうが、システムが10nsのタイミングで動作していれば、
能力は同じです。)

qcg********さん

リクエストマッチ

2014/2/1020:39:54

速くなるのも利点の1つですが、DDR4になることによって省電力になります。
現在DDR3で低いもので通常1.5Vで動いてます。
DDR4になると1.35Vが標準でもっと低い物も出るでしょう。

メモリーが速くないといけないのは、
データのやりとりが間に合わないくらいCPUの性能が上がっているということですね。
またAMDのAPUのようにCPUとGPUで同時にメモリーを使うと速度が上がるほど性能が上がります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる