ここから本文です

John Lennonのキリスト教発言について質問です。

nao_a_jpさん

2014/2/1616:57:37

John Lennonのキリスト教発言について質問です。

イギリス・リバプールのバンドThe BeatlesのJohn Lennonさんは、1966年3月にキリスト教に対する過激な発言があり問題になった様です。

イギリスの夕刊紙Evening Standardでの発言。
Christianity will go. It will vanish and shrink. I needn't argue with that; I'm right and I will be proved right. We're more popular than Jesus now; I don't know which will go first — rock and roll or Christianity. Jesus was all right, but his disciples were thick and ordinary. It's them twisting it that ruins it for me.
「キリスト教は消滅する。それは消えて縮小するだろう。それについて俺には言い争う必要は無い。俺は正しいし、俺が正しいって事が証明されるだろう。俺達は、今やイエスよりも一般的だ。ロックン・ロールとキリスト教、どちらが先になくなるかは俺には解らない。イエスは正しかった、けれど、彼の弟子達が愚鈍で凡人だった。俺に言わせれば、彼等がイエスの教えをねじ曲げてダメにしたんだ。」

更に、ジョン・レノンさんは、 曲『Bring on the Lucie(Freda People)』で、♪666 is your number♪と作詞しています。

ジョン・レノンさんは世界的社会上層部に居たので様々な事を知っていたと思われます。
『Your』とありますが、誰に向かって言ったのでしょう?
『666』について、其れに関する説明や内容のJohnLennonさんのインタヴューやコメント等は有りますか?

閲覧数:
185
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ikoinomizu7さん

2014/2/1818:46:49

キリストのこの世における御業は、聖霊(創造主である神の霊)の働きによって、教会の中に続けられています。

「聖書の預言は何一つ、自分勝手に解釈すべきではないということです。なぜなら、預言は、決して人間の意志に基づいて語られたのではなく、人々が聖霊に導かれて神からの言葉を語ったものだからです。 」聖書のペトロの手紙二 1章 20-21節

聖霊の導きによって、弟子たちはイエスの教えをねじ曲げてダメにしなかった。弟子たちと過ごされた最後の晩、キリストは弟子たちに、教え、導き、また慰めるために、聖霊を送ることを約束されました。この約束は、ペンテコステの日に成就されました。聖霊は復活し、栄光の中にあげられたキリストと私たちとを結びつける役目をされます。

「イエスは彼に言った、「人がわたしを愛しているなら、彼はわたしの言葉を守る。わたしの父はわたしを愛され、わたしたちはその方のもとに行き、その方と共に住むだろう。わたしを愛していない者は、わたしの言葉を守らない。あなた方が聞いている言葉はわたしのものではなく、わたしを遣わされた父のものだ。わたしは、まだあなた方と共に住んでいる間に、これらの事をあなた方に言ってきた。 しかし助言者、すなわち父がわたしの名において遣わされる聖霊は、あなた方にすべての事を教え、わたしがあなた方に話したことすべてを思い出させるだろう。 わたしは平和をあなた方に残し、わたしの平和をあなた方に与える。わたしはあなた方に、世が与えるのと同じようにして与えるのではない。あなた方の心を騒がせたり、恐れたりしてはいけない。」聖書のヨハネによる福音書14章23-27節
http://www.cozoh.org/denmo/John.htm#C14V23

質問した人からのコメント

2014/2/23 08:11:35

>イギリスでは、問題になりません
かの国らしいですね。Henri8世が離婚したさにカソリックを脱退なさり、イギリス国教会として独立していますからね。
>「脱キリスト教」
他宗教か無神論?若者が軽い気持ちで言ったのかも知れませんね。
>イエスの教えをねじ曲げてダメにしなかった
信頼するにたりる知識や知恵も有りますよね。

皆様、御返事ありがとうございました。とても勉強なりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

編集あり2014/2/2008:07:35

当時に生きていない私が「推測」で言えることは、それだけ「Beatles」というものが、
「社会現象」だったのです。
言わば「ルネッサンス」だったのではないでしょうか?

作詞作曲を自分でやる。(プレスリーの時代は作曲はプロに任せていた)
音楽に限らず、映画、絵画や芸術、その他もろもろの文化が「一般市民の手に渡った」時代ではないでしょうか?

ちょうど今の「ネット社会」みたいな「大きな波」がBeatlesなどの音楽や映画や芸術だったのでしょう。
だから「キリストよりも有名だ」という発言も、あながち「とんでもない思い上がり」とも言えないと感じます。

余談ですが、幼少の頃、面倒で「床屋」に行かなかったら、両親が「ビートルズになっちゃうぞ!」
私を叱ってたのを思い出します。
長髪でヒッピーな装いだったレノンのことを言ってたのだと思います。
両親は、まったく音楽に興味なしで美空ひばりか北島三郎を紅白で見るぐらい。
当然家にはステレオなど無く、ビデオもBSも無い(当然ネットも無い)時代だったから、
ビートルズの映像なんて「視る機会が無い」はずなんですけどね(笑)
それだけ「有名だった」のは確かです。

Free the peopleのことですね、Freeda Peopleってのは。
http://www.youtube.com/watch?v=UQbJHTLBaZM

Imagineも「脱キリスト教」の歌ですから。「反キリスト」ではないですけどね。
Imagine there's no heaven

当時に生きていない私が「推測」で言えることは、それだけ「Beatles」というものが、...

saratogaairaさん

2014/2/1806:04:15

Bring on the Lucie の Yourは権力者に向かって言った言葉ですが、ヴェトナム時代のニクソンに向かって言ったと言われています。
666についてですが、特にJohn Lennon が言ったコメントは知らないです。
キリスト教についてのレノンの発言は、イギリスでは、問題になりませんでしたが、その後アメリカの雑誌に載ったときに大変な反響を呼びました。レノンを殺害した人は、キリスト教徒です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。