ここから本文です

レオパ ケージの温度が上がらない

sat********さん

2014/2/1900:50:01

レオパ ケージの温度が上がらない

皆さんよろしくお願いします。
レオパをベビーから飼い始めて1年4ヵ月経ちました。大きくなってきたのでケージを30奥行×30横×45高さのケージを買いました。
前の小さなケージの時は寒い冬でも、ピタリ適温Sサイズで全然大丈夫だったのですが
ケージを変え今年の冬に入ってから1、レオパはシェルターに籠りっぱなし、外に全然出てこなくなりました。
低温が原因なのか脱皮もしない、色も黒ずみ、餌も全然食べてくれず心配になり、皆さんの経験談や質問などを参考にして
ピタリ適温Mサイズ、暖突Sを購入。ケージの下、背面、両側(半分くらい)に発泡スチロール。背面にピタリ適温Sサイズ。
これでなんとか解決するかと思いましたがケージ内温度は19~20℃しかあがらず。
ケージの高さが45あるのが原因でしょうか?
それならば針金などで暖突を吊り下げ少しでも地上に近付けるという方法はありでしょうか?
また、皆さんの工夫、ご意見お持ちしております。

補足発泡スチロールは貼り付けちゃっていいんですね◎
特に意味はないんですが、ただケージをはめ込んでる感じです(笑)

天井は金網タイプです。今はタオルを被せてあるだけです。

サーモライトなどは使ってないです…

発泡スチロールを側面、背面全体に。と天井に熱が逃げないよう工夫してみます^ ^

閲覧数:
22,399
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

lov********さん

編集あり2014/2/2011:13:32

なんか相変わらず若干一匹ほどレオパを飼育した事も無ければ、商品知識も無いのが回答してますが、無視して下さい。
(ご存知かも知れませんが、このカテの超有名人です)

今回はピタリ適温は底面に使う物だとか無知過ぎるし。
壁チョロ系だったり保温力UPなどで普通に側面に貼ったりするわ。


すいません話がそれましたが、発泡スチロールを貼り付けてるみたいですけど、背面側面は半分だけですか?
何か理由でもあるのでしょうか?
普通に考えれば背面側面全体に貼っちゃいますけど...
その方が保温力も上がると思いますし。

それと上面はどうなってます?
暖突を付けられてると言う事は金網かメッシュタイプでしょうか?

そうだとすると何かガラス蓋を置いたりなどして暖かい空気が逃げない様にされてますか?
(密閉は良くないので、ある程度の通気性は確保しましょう)

確かに高さ45cmは必要無いですよね、レオパの場合。
樹上性の種じゃないので。
当然ケージが広い分より暖める力(W数とか数を増やすとか)が必要になります。

暖突を吊り下げて試して見るというのもありとは思いますが、落ちない様に固定しないといけないのと、どこまで効果があるかは試して見ないと何とも。

そのサイズだと、もしかしたらヒートグローなど集光型の保温球の方が有効だったりするかも知れません。

それとサーモスタットは使ってますか?
今は無くても平気かも知れませんが、暖突(や保温球)は単体ですと温度調整が出来ないので、対策をして保温能力が上回った場合、ケージ内の温度が上がり過ぎる危険性が出て来ます。


補足拝見しました。

タオルですか...
何枚も重ねれば効果はあると思いますけど、注意点は万が一の事故ですよね...
燃えちゃう可能性がありますから。

まあ保温球と違い暖突なので可能性は低いと思いますが、出来れば熱で燃えない溶けない物の方が安全と思います。

サーモスタットですが、使われてないなら上でも書きましたけど温度上昇には注意して下さい。
一日中家に居るなら確認出来ますが、居ないのであれば、日中晴れてる時にケージ内が何℃まで上がってるのかが分かりませんから。
上がり過ぎれば最悪熱死します。

質問した人からのコメント

2014/2/20 17:07:28

詳しく、いろいろとありがとうございます‼︎

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

jir********さん

2014/2/1917:56:14

装置的には十分(電力ワット数等)とみうけられますが。
飼育槽内の温まった空気が何処からか多量に漏れて言っているのではとみますが。
暖突は遠赤外線(熱線)を出していますから、飼育槽内の空気は温まりません。
生体などにその遠赤外線が当たりポカポカ温まってくる(熱の蓄積から)ものです。
ピタリ適温は飼育槽の底面密着して張り付けて使うものです。
熱伝導で床面は温まって居ますが飼育槽内の空気までは温まって居ません。
飼育水が有れば有効に伝熱が働いて飼育水を保温してくれます。
飼育槽内を均一に暖める場合は床材の下に敷いて保温するこういうヒーターが有ります。
こういうヒーターを飼育槽内に敷いて暖突を上から吊るしたら保温もできるでしょう。
重要な事は飼育槽内で温まった空気を外に逃がさないことです。
ただこの成体は湿度に対してどのような反応を示すかわかりませんが。
飼育槽内を保温するとその温度に相当した水蒸気が飼育槽内に充満します。
乾燥気味・過湿気味・等の環境の変化が有りますから、霧吹きなどして適切な湿度を保つようにすることがだいじですね。
湿度計の飼育槽内に入れて置くとか・・・・。
ヒーターはこれです。
ワット数もいろいろ有るようです。

http://store.shopping.yahoo.co.jp/chanet/14176.htmll

プロフィール画像

カテゴリマスター

buu********さん

2014/2/1910:15:08

W数は十分かと思いますが、基本的に熱は上に逃げていきますし、
メインのヒーターである暖突が上部では、高さ45cmもあると
下部までなかなか暖まらないのかもしれませんね。
おそらく上が網蓋になっているかと思いますが、ビニールシート
などで半分~7割程度ふさいでしまうのも一つの手かと思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる