ここから本文です

マルクスはフランス革命をブルジョワ革命と捉えたのはともかくいいとして、ブルジ...

アバター

ID非公開さん

2014/2/2514:32:01

マルクスはフランス革命をブルジョワ革命と捉えたのはともかくいいとして、ブルジョワジー対何の階級闘争の結果と捉えたのでしょうか。

「貴族」でしょうか。「アリストクラート」でしょうか。「共産党宣言」には「自由人と奴隷、ローマの貴族と平民、領主と農奴、ギルドの親方と職人」の対立に言及してますが、その点が明言されていないようです

閲覧数:
362
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mot********さん

2014/2/2515:17:59

ブルジョワジーとアンシャンレジーム(旧体制)と言われていますが、合理主義対キリスト教の闘いでもありました。実際の話、ロベスピエールは理神論的な宗教を理想としカトリック教会を弾圧します。フランス革命には様々な対立軸がありその影響は現代にも及んでいます。ですから市民革命は必ずしも正義の革命とは言えない部分があり、その後の共産主義革命の布石ともなっています。要は旧体制の人間であれば粛清しても良いのかという事です。

アバター

質問した人からのコメント

2014/3/4 08:39:04

あろがとうございました

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる