ここから本文です

腕立て伏せについて 腕立て伏せをする際、足の高さを上げることによって負担が増...

Chemistryさん

2014/2/2520:35:58

腕立て伏せについて
腕立て伏せをする際、足の高さを上げることによって負担が増えますが、手の高さを上げて腕立て伏せをすると
普通の腕立て伏せ以上の効果は期待できるでしょうか?

私は腕立て伏せを始めたころは普通にやっても筋肉痛があったのですが、ずっと続けていると筋肉痛は無くなりました。
しかし手の高さを40㎝くらいにしてやると筋肉痛がありました。
これは腕立て伏せのやり方を変えたから筋肉痛が起こるようになったのでしょうか?

閲覧数:
1,015
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2014/2/2520:45:53

手の方を高くすると、
むしろ負荷が足に逃げて楽になるはずです。

筋肉痛が出たのは、使う部位が変わったからでしょう。
手が足より高いフォームでやると、
大胸筋の下部がより強く刺激されるようになります。
また、胸を深く下ろせるようになったために
大胸筋が大きく伸展され、
負荷が小さくても効果が高まったのかもしれません。

プッシュアップバーを利用して胸を深く下ろし、
さらに足を高い台に乗せるのが、
一番効率のいい腕立て伏せです。

質問した人からのコメント

2014/2/25 21:27:36

詳しい回答ありがとうございます。確かに普通にやるより回数が多かったですね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる