ここから本文です

クレームと名誉毀損

han********さん

2014/3/907:51:09

クレームと名誉毀損

世の中にはクレーマーという種類の人がいますよね。
で、店の商品に欠陥や不備があった場合なら、店側の責任は当然あるとして、見当違いの「いちゃもん」を付けてくる人もいると思います。
仮にほかの客にも聞こえるような場面でこのような難癖をふっかけていた場合、店側が客を名誉毀損で訴えるということはありえますか?
また、店側が感情的になって、客に対して「何言ってんだ、馬鹿!」と、これまたほかの客にも聞こえるような場所で罵声を浴びせたら、逆に名誉毀損で訴えられる可能性はありますか?
(個人的に、クレーマーを取り締まる/不当なクレーマーから店を守る法律が必要な気がしています。)

閲覧数:
4,423
回答数:
4
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

iya********さん

2014/3/1500:11:21

クレームは、
全て「原状回復」までの義務しか負っていません。
要は、お店側の不手際、商品の破損等があった場合には、
そのお客の損失に対して、同物もしくは同等の返還請求までしか責任を負っていません。

それ以上の金銭などの要求、お詫びの要求は、
全て刑法で処罰することができます。
質問の例であれば、
勿論、名誉毀損や脅迫で訴えることができます。

お客が納得するまで誤り、壊れた品物を元に戻し、
これですべてが終了です。
それ以上にお客が「納得行かない」「慰謝料よこせ」は、
全て「民事訴訟」に任せるというスタンスでいいのです。

ただし店側も感情的になり、
お客を愚弄することがあれば、
それも名誉毀損などで訴えられる可能性がありますので、

店側はぐっとこらえて謝る、
それでも謝罪や金銭を要求してくるようなら訴訟へ、
お客は原状の回復さえしてもらえばそこで終わり、
それでも納得行かなければ訴訟へ、

こういう流れしかありません。

質問した人からのコメント

2014/3/16 03:31:43

なるほど。よくわかりました。
とにかく感情的になるのはよくないんですね。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

fss********さん

2014/3/1300:14:27

まず、「クレーマー」の定義がはっきりしない時点で、無理です。

最近は、店に文句を言った時点で、即「クレーマー」という風潮も
ありますから、内容をしっかり見極めないと、正しいクレームなのか、
クレーマーなのかを判断できませんね。

名誉毀損については、社会的地位を貶められるようなことを
皆の前で言われた場合などに適用されます。

2014/3/911:58:58

外食産業でお客様相談室に勤務しています。

>店側が感情的になって、客に対して「何言ってんだ、馬鹿!」
>名誉毀損で訴えられる可能性はありますか?

「何言ってんだ、馬鹿!」がその人を客観的に社会的評価を貶めた場合に適用されますが
質問事例の場合、他の人がその状況を見ているわけですから客観的ではありますが
その言葉の前後の会話のやりとりから「馬鹿!」の表現が不適切であっても不法行為とまではいえないと判断されるのではないかと思われます。
他の人が、「客がいちゃもんをつけている」と思うと同時に、店員が「乱暴な言葉遣いで応酬している」と感じるでしょう。
これでモメた場合は、いわゆるケンカ両成敗的な判断が下され、「仲直りしてください」と当事者間での和解を勧められる程度だと思います。
店を守るために法的保護を受けたい場合は、店員側は暴言を吐いてはいけません。
感情的になった瞬間に店員側も不利な状況になってしまいます。
とかく当事者の意見ばかりが全面に出てきますが、客観的な判断がポイントです。
なぜなら、法は事実で判断されるからです。

辛口太郎さん

2014/3/910:38:48

お客様から、公の場で言われ無き抗議等をされた場合は、
刑事・民事共に訴える事は可能(自由)です。
お客様側が、名誉毀損罪で有罪判決を受けた事例も有ります。

スタッフのお客様に対する暴言に対し、名誉毀損や侮辱罪で訴えられる場合も有り得ます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる