ここから本文です

ヒトラーがユダヤ人を嫌っていた理由は何ですか?彼の生い立ちから何かユダヤ人に...

qrj********さん

2014/3/1619:38:28

ヒトラーがユダヤ人を嫌っていた理由は何ですか?彼の生い立ちから何かユダヤ人にひどいことされたとか、ユダヤ人にいやな思い出があるとかですか?

閲覧数:
5,599
回答数:
7
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sk_********さん

編集あり2014/3/2221:23:12

これは当時の世界の社会情勢(風潮)を理解しないとなかなか分かりません。

私が独学で得た結論としては以下の要因があります。

①ソーシャル・ダーウィニズムの影響
ダーウィンの進化論を信じている人は、当然、優秀な形質をもった種と交配した方が後々優秀な子孫を残すと信じます。この考え方が社会全体に広がった時「ソーシャル・ダーウィニズム」という一種の極端な考え方が起きます。

具体的には、頭脳明晰、勤勉、容姿が美しい人だけに子供を産ませる一方、遺伝的な病気や身体障害者、知能障害者、容姿が悪い者、頭が悪い者、奇形、怠け者、これらを一括りに劣等種と考え、これらは早期に社会から排除し、かつ、子供も産ませないという方針を国家が採用することです。これは「優生学」という学問的支柱に支えられていました。

実は20世紀初頭は、ドイツのみならず、イギリスや多くの欧州諸国、日本、アメリカで「優生学」は支持されていて、上記のような劣等種は断種されなければならないと考えられていました。ドイツの場合、ユダヤ人やジプシー、ロマ人などを劣等種と位置づけ、優秀なゲルマン民族だけの国家を樹立することで、国家単位で「適者生存」を賭けた民族の浄化を考えていたのです。さもなければ、ダーウィンが説くように生存競争に負けて、国家が衰亡していくと考えていました。

結果的にドイツのユダヤ人排斥は第二次世界大戦の敗戦によって必要以上にクローズアップされましたが、ユダヤ人を差別していたのは別にドイツだけでなく、多くのキリスト教国家では多かれ少なかれ行われていました。ドイツの場合、敗戦国になったので、ユダヤ人差別の罪を一身に引き受けさせられたのです。

客観的にみれば、ドイツ人が優秀で勤勉な人達であることは現代でも世界中の人が認めているところです。ドイツ人としては当時「実際問題、我々(ドイツ人)は優秀なのだから、優秀な民族だけの国家を樹立したい」と素直に考えていたのです。ソーシャル・ダーウィニズムはその考え方を側面支援していました。

②石油利権獲得への執念
第二次世界大戦の根本的原因は、ドイツ、日本といった後発工業国がその後の100年の国の存亡を決するのは油田の開発利権を獲得できるかどうかにかかっていることに気付いたからです。日本の場合インドネシア周辺に活路を求めた一方、ドイツはアラビア半島方面を自国勢力下に収めることが必須と考えていました。

しかし、中東の石油利権はロスチャイルド家を代表とするユダヤ勢力が押さえており、それを奪うにはユダヤ人から力で奪い取るしかないと考えていたのです。単にユダヤ人が嫌いなだけなら、自国から追放すればよいだけなのですが、「ユダヤ人というくくりで抹殺する」という手段にでたのは、ユダヤ人が持っている利権や資産を丸ごと奪ってしまう必要があると考えたからです。

これは現在から考えるとあまりにも残酷な発想に思えますが、20世紀初頭に台頭していた「共産革命」も簡単に言えば「富を独占している王や貴族を殺して富を民に配分する」という方法です。それが立派に成立していたのですから、ナチは共産革命とは少し違う角度で富の再分配を狙っていただけです。当時としては十分アリな方法だったのです。

質問した人からのコメント

2014/3/23 16:25:14

非常に詳しいわかりやすいご説明大変ありがとうございました!!
勉強になりました!!
ほかの多くの皆様も詳しいご回答ありがとうございました!!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

you********さん

2014/3/2216:15:21

ネトウヨが韓国人、中国人を嫌っているのと同じ精神構造です。ユダヤ人に何かされたわけではありません。ネトウヨも同じ、韓国人に個人的にいやがらせされたわけではない。
キリスト教とは直接関係はありません。ヒトラーはクリスチャンじゃないし。それどころか、キリスト教会を弾圧して神父や牧師を処刑してますから。

mar********さん

2014/3/1710:24:52

ヒトラーは敬虔なキリスト教信者だったそうです。
キリスト教の聖書にユダヤ人撲滅の記述があるとの話を聞いたことがあります。
ほかの理由とともに、彼は聖書に忠実に従い実行したとの説。
そのためバチカンはヒトラーを断罪していないと聞きました。
(このことについてキリスト信者の方に教えてもらおうと思っています。)

jun********さん

編集あり2014/3/1705:10:56

ヒトラーだけでなく、ユダヤ人は[神(キリスト)を殺した民族]とヨーロッパ人に嫌われていました。

16世紀のシェイクスピアの[ベニスの商人]にも、ユダヤ人に対する差別と偏見が見られます。

そもそも、キリスト教社会では[お金に関する商売は不浄な事]として、銀行や金貸し、会計士など[金融業]はユダヤ人が担ってきた歴史があります。

[ベニスの商人]の悪役[シャイロック]もユダヤ人の金貸しですね。

[金融業に携わる]と言うのは、それほど裕福なのです。

日露戦争で日本が勝利したのは、日英同盟に基づき、イギリス人から[全米ユダヤ人協会会長]を紹介してもらい、彼等の資金援助を受け、ロシアの革命(反政府)勢力に資金と武器の横流しをして、ロシア社会を不安定に出来たからです。

WW2で、杉原千畝がユダヤ人達に発行したビザを、日本政府が黙認したのは[日露戦争のお礼]です。

話は戻りますが、ドイツは第一次世界大戦に敗北し、ドイツ皇帝はオランダに亡命して[ドイツ帝国は崩壊]

1919年の[ベルサイユ条約]で、ドイツは領土を失い、軍備を制限され、巨額の賠償金(1320億マルク)を課せられました。

その為、ハイパーインフレが起こり、1914年に1キロ0.32マルクだったライ麦パンの値段が、1923年には[3990億マルク(1914年の1.2兆倍)]になりました。

怒り狂うドイツ人の前に、ヒトラーが[ベルサイユ条約の破棄やユダヤ人排斥]をスローガンにナチスを率いて現れました。

ナチスは、1933年の総選挙で[第一党]になり[ヒトラー内閣]が誕生しました。

つまり、過酷な賠償金と、それに苦しむドイツ人を尻目に[裕福なユダヤ人]への怒りを利用したヒトラーが、国民の支持を得た訳です。

yta********さん

2014/3/1622:23:24

ヒトラーが個人的にユダヤ人を嫌っていたという証拠はありません。
ユダヤ人の迫害というのはヨーロッパでは千年も昔から行われていたことです。
その中で、ドイツは比較的に迫害の程度が軽かったので、ドイツにユダヤ人が増えました。
ドイツが第一次大戦に負けたとき
「ユダヤ人なんかのさばらせておいたから戦争に負けたんだ」という声が強くなりました。
そういう雰囲気の中で「ユダヤ人のいないドイツにする」という公約をかかげると選挙に有利だったのです。

dvl********さん

2014/3/1621:16:41

ユダヤ人て全般商売が上手で頭が良い。
ドイツ人より優秀な人種で、自分たちより優秀な人種を許せ無い。
ナチスは世界一優秀な民族的な理屈を唱えていたと。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる