ここから本文です

風評被害といってもいろいろあるんじゃないかな、と今回の柏崎刈羽原発の騒ぎで思...

vyd********さん

2007/7/2700:19:04

風評被害といってもいろいろあるんじゃないかな、と今回の柏崎刈羽原発の騒ぎで思いました。
もちろん、地元の観光業者、漁業関係者にはほんとにお気の毒ですが、あえて言わせてもらいます。

鳥インフルエンザのように、病原菌がどこから飛んでくるかわからないものは、ほんとに防ぎようの無い災難です。でも、原発は何かあったら放射能漏れの危険性があるのはわかっていたはず。

ほかの風評被害のように、知事や市長やらがその「風評」を消そうと(安心してもらおうと)一生懸命です。
そこがね、ちょっと違うのではないかと私は思うんですよ。

それは、地元の経済が停滞しないのためにやっているのでしょうが、原発の危険性にふたをするようなことにはならないかと。

原発を受け入れるとか、誘致するというのは、こういう恐ろしいことと(実際の危険性と風評被害の両方)隣り合わせなんですよ。

10年近く前かな、原発誘致がほぼ決まりかけてた同じ県内の巻町(現・新潟市)は、
住民投票でこれを「ナシ」としました。

当時は巻町の隣接市だった新潟市でも「巻原発で何かあったら、新潟市内の産物も売れなくなる」
と、いう声が大きかったといいます。

長くなりました。つまり、地元の方々はほんと苦しんでらっしゃるでしょうが、苦しんでる方々を救うためとばかりに「安全、安全」というのは、原発の危険性をごまかすことになりはしないかと、思いました。

閲覧数:
545
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nrs********さん

2007/7/2700:47:11

ニュースを聞いて実態のある風評と言うあたらしい用法が出来たと思いました。
詭弁はやめた方がいいと思いました。

失敗は認めないと改善が出来ません。ご意見に賛成です。

質問した人からのコメント

2007/7/28 18:22:20

降参 なるほど。「実態のある風評」ですか。隠すだけでなく徹底的に問題点を洗いざらしにしてほしいですね。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yon********さん

編集あり2007/7/2717:03:00

報道が風評を広めてる。


建設当時、あれもこれもって言って、高強度の建屋を建設していたら

建設費が膨大になりそれが電気料金に反映されるから

電気なんて使えなくなる。


一番恩恵を貰ってるのはマスコミ、テレビだろう。

速やかに、原発が再開されないと電気料金は上がるだろう。



石油が上がり、石油製品がが上がり、輸送費が上昇。

野菜や食品が上がり・・・物価上昇。



そのほうが心配だ。

ina********さん

2007/7/2702:45:25

風評と言うよりも、最近の報道の傾向は
ヘマをした者をみんなで一斉に叩くと言う、一種のイジメみたいな兆候があります。
標的になっている人をこれでもかと叩き続けるところを見て楽しむ人が多いからなのでしょうか??
悪人をとことんバッシングすることが正義だと思っているのでしょうか???

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる