ここから本文です

車のエアコンガスってどれくらいで補給?するものなんでしょうか? 時期の目安み...

mil********さん

2007/8/1518:37:21

車のエアコンガスってどれくらいで補給?するものなんでしょうか? 時期の目安みたいなものはあれば教えてください。

閲覧数:
8,100
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

e60********さん

編集あり2007/8/1519:41:25

 補給の必要はありません。

●漏れ許容量は約10年間分
 エアコンのガスは、平均して年間10gずつ漏れます。しかし多少漏れても機能がまったく変わらないように作られています。この漏れ許容量は、車種により多少異なりますが、約100gです。つまり約10年間は、漏れても機能に影響はありません。

●プラトー領域
 この漏れてもエアコンの機能が変化しない領域のことを、プラトー領域(plateau=高原)といいます。この領域では、冷凍サイクル中の冷媒量が変化しても、レシーバードライヤー(リキッドタンク)という冷媒の貯蔵タンクで、冷凍サイクル中を循環する冷媒量が自動的に一定量になるよう調整されます。
 なお規定される封入冷媒量は、このプラトー領域のほぼ上限に設定します。

●もし補充する場合は、ディーラで
 エアコンガスの補充は、ディーラでおこなってください。10年前の車両には、サイトグラスという内部の冷媒状態を見るためのガラス窓がついていました。しかし現在は、冷媒を全量、抜いて、規定冷媒量を管理しながら充填する必要があります。また冷媒を抜くとき、大気に放出すると、温暖化の原因になります。
 このため、一般の量販店やガソリンスタンドでは、規定冷媒量充填管理が困難であること、冷媒回収装置がないばあいが多いので、必ず、ディーラで補充するようにしてください。万一、規定量からはずれ、多めに充填すると、冷房能力はあまり変化しないで、動力だけ増え、燃費が悪化します。また少なめに充填すると、冷房能力が不足します。規定冷媒量以外でのエアコンの故障は保証対象外です。このため、エアコンの冷媒の充填、補充については、信頼の置けるところでお願いいたします。

●10年程度経過して、エアコンが効かなくなった来たら
 ディーラにて平衡状態のエアコン冷媒の圧力を測定します。これにより、漏れているかどうか判断できます。もし漏れていれば、全量を抜いて、規定量を充填します。追加充填は、充填された冷媒量の管理ができませんので、現在の車両では、してはいけません。

 ご参考になれば幸いです。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

すばるさん

編集あり2007/8/1522:50:17

基本的には補充はしなくていいです。
補充が必要になってるという事は、故障(ガス漏れ)してるって事です。
直すと高いんで、その場しのぎに補充してるだけです。
時期・・・
大概、暑くなってエアコン入れて、冷えなかったりすると直すか補充するかすると思います。なので初夏が多い?


追記
参りました!!!

doc********さん

編集あり2007/8/1518:49:41

家の車は、12年になりますが、2度補給しました。
毎日乗っていますが、比較的、遠乗りはしていないほうです。
距離や乗る回数にも寄ると思いますが。。。

目安になりましたか?

c9_********さん

2007/8/1518:39:59

一様、最近ではフリーメンテナンスですから補充の必要は無いとされてます。
冷えが悪いな~て時に確認して必要に応じて補充になります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる