2+2と2×2が同じ4になるという事を分かりやすく説明する方法

数学875閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様ありがとうございました。

お礼日時:2007/8/17 13:15

その他の回答(5件)

0

2個のりんごと2個のみかんを合わせたら、4個です。 また、1パック2個のりんごが2パックあっても、やはり、4個です。 かりに数学的に言うと(子供に説明するレベルを超えてますが) a+a=a*a となるような数は0と2だけで、その値は0と4だけになります。

0

掛け算は、『何回同じ数字を足したか』を表す計算です。 2+2の場合は、2を2つ足すから、2(を)×2(回足してる)という表現になります。 なので、 2+2+2で3回足す時は、2×3になりますよね? 2+2+2+2+・・・・・・と同じ数字を足していくと長くなってしまうので、2×○(○は足した回数)と省略しています。 仮に、2×1=2は、2が1つしかないので、2になります。 これで、大丈夫かな?? 分かりにくかったらごめんなさい。

0

掛け算の定義から、計算を足し算に直したら良いのでないでしょうか? つまり 2×2 は、2を2個書いて、間に+を書いたのと同じ という説明で どうでしょう? (1) まず、 「2 2」 のように、2を書く。 (2) 間に+を書くと 「2 + 2」 となる。 (3) なので、「2+2」と、「2×2」は同じ。 2×3 も、2を3個書いて+を間に挟んだのと同じですから 「2 2 2」 と書いて、+を挟むようにすれば「2+2+2」となり、結果6になります。 2×1 の場合 「2」だけで、間がないので、+を挟む余地がなく、結果2です。  こういった形で、掛け算は足し算の繰り返しなのだということ、逆に割り算も引き算を繰り返してできるということを知っておくことは、とても大事です。

0

+の場合は2を二つあわせるので2が2個になります。 また×の場は2という数を二つ用意して合わせるので2が2個になります。 なので同じ数になります。 ※分かりにくいですね。。。。。。

0

偶然ですよ。 2+2+2の事を、2×3と言いますね、同じ数字を3回足すから。 では、それが2回なら、2×2です。2回ということは、同じ数字を2回足すわけですから、2+2ですよね。たまたま2でやると、掛けようが足そうが同じ結果になってしまうのは、偶然です。