ここから本文です

さきほど、光子は反粒子でもある、と本で読んだのですが、 それは粒子と反粒子の...

hap********さん

2014/3/1922:48:46

さきほど、光子は反粒子でもある、と本で読んだのですが、
それは粒子と反粒子の性質双方を兼ねていると言う意味なのでしょうか、
そこでは対消滅等は全く縁がない、ということなのでしょうか?

補足色々な回答、ありがとうございます。
本は、「ブラックホールに近づいたらどうなるか? 」二間瀬 敏史 (2014/2/13)というものです。
もとより、この本がどの程度のものなのか、知識に疎い私には
分かりません・・またこの質問は確かに天文から少し離れてしまったようです・・
が、参考になりました。ありがとうございます。

閲覧数:
242
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2014/3/2208:25:16

[補足]
膿の底が珍しく、必死にフォローしようとしていますが、こいつ自身が補足で書いているように、「光子の反粒子は光子自身という言い方は普通に有ります」というのはそのとおりです。だったら、それがどの本に書いてあるかだの、最初からケチを付ける必要は全くなかったのであって、最初から普通に回答すればよかったということです。まぁ、フォローしようとしていること自体は、今までに比べれば進歩であって、少しは反省しているのであろうと解釈しましょう。//

※happfeetさん、下の膿の底という奴は、重度の精神病患者であり、正邪の判断ができない奴なので、こいつの言うことは気にしないようにしてください。こいつはあなただけでなく、多くの善良な質問者さんたちに暴言を吐いてまわっている、このカテの汚物です。知恵袋の健全な運営を妨げる、こういう奴を野放しにしておいてよいのか、強い憤りを感じます。
※膿の底にしても、sucksuckにしても、偉そうに「出典を書け」などと言っているくせに、きちんと書いたところで、結局はまともな回答をすることはありません。ただ、質問者さんにケチを付けたいだけだということがよくわかります。また、カテが違うなどというのもくだらないイチャモンです。どのカテに質問するかは質問者さんの自由であり、それを見てわかる人が回答すればよいだけの話です。
※また、膿の底というのは、別名「Wikipediaコピーマシン」といって、Wikipediaのリンクを貼り付けるだけの回答しかできない奴です。しかも、正しい知識を持っていないので、貼り付けるリンクもデタラメです。今回、こいつが貼り付けている「マヨラナ粒子」というのは、リンク先のWikipediaの説明を見れば書いてありますが、「フェルミ粒子」に関するものです。一方、光子は「ボーズ粒子」というものなので、マヨラナ粒子とは何の関係もありません。間違った知識を覚えてしまわないように注意してください。


さて、ご質問についてですが、光の反粒子を考えることはあまり意味がないと思います。「光には反粒子は無い」と言い切ってもよいくらいです。それでも、「あえて光の反粒子を定義するとしたら、自分自身が反粒子であると言うしかない」くらいのニュアンスです。ご質問に書かれているとおり、光子と光子が衝突しても対消滅はしないので、「対消滅等は全く縁がない」と言ってもよいでしょう。


おまけの知識ですが、中性子という素粒子は、電荷がないにもかかわらず、反粒子があります。これは、中性子というのは、uddという3つのクォークから出来ており、それぞれのクォークには電荷があり、反粒子もあるので、反クォークから出来ているものが反中性子になるわけです。また、ニュートリノという素粒子も電荷を持ちません。ニュートリノに反粒子があるのか、自分自身が反粒子なのかは、まだよくわかっていないようです。

質問した人からのコメント

2014/3/22 18:11:33

permtationさんともに、丁寧なご回答頂いて、ありがとうございます。私の質問も中途半端で悪かったのでは・・と思っておりました。
まだ勉強中なのですが、とても参考になりました。「物質」は不思議です。光というものも不思議ですね。
重ねてお礼申し上げます。また疑問が出たら質問させて頂くつもりです。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2014/3/2006:39:26

反粒子というのは、チャージ(荷)だけが逆で、それ以外の性質が元の粒子と同じものを言います。

陽電子は電子と電荷が逆ですが、質量などは電子と同じです。しかし光子にはチャージがありません。逆に言えば、チャージを変換しても変わりません

2014/3/2003:26:26

>> さきほど、光子は反粒子でもある、と本で読んだのですが、

その本のタイトルと著者の名前を書いてみろ。 その本の何ページに書いてあるんだ?

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

umi********さん

編集あり2014/3/2114:27:59

>さきほど、光子は反粒子でもある、 と本で読んだのですが、

アタマがユルい質問者は、書名を隠します。
※碌でもない本を読んでるのがバレるからでしょーね

>それは粒子と反粒子の性質双方を兼ねていると言う意味なのでしょうか 、

元の本にどう書いてあったか、を隠してトンチンカンな質問が出て来ます。
※こういう質問者はクズと見て間違いないです

>そこでは対消滅等は全く縁がない、 ということなのでしょうか?

質問者は妄想の中に閉じこもってしまいました。
※ここが「天文、宇宙カテゴリ」であることに気がついていないるんでしょーね

マヨラナ粒子 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%A8%E3%83%A9%E3%83%8A%E...

【補足について】
>本は、「ブラックホールに近づいたらどうなるか? 」二間瀬 敏史 (2014/2/13)というものです。

補足説明、ありがとうございます。
※「ユルい」「碌でもない」は撤回します

http://sakurasha.com/9784906732654.html
この本は読んでいないので、どんな文脈で光子の反粒子とか、対消滅という話が出てきたのかよく分かりませんが、目次から見るとホーキング輻射のところでしょうか?
※当該部の正確な引用があれば答え易いのですが

粒子が対消滅を起こしたとき、その静止質量エネルギーは電磁波(光)になります。
※あとニュートリノが持ち去る

光子というのは静止質量を持たないので対消滅を考えなくて良い、くらいじゃないでしょうか。
※光子は電磁力を媒介するゲージ粒子だし

※光子の反粒子は光子自身という言い方は普通に有ります。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる