ここから本文です

宇宙論でインフレーション理論の直接的証拠が得られたことは多宇宙ヴィジョンは正...

sec********さん

2014/3/2022:11:29

宇宙論でインフレーション理論の直接的証拠が得られたことは多宇宙ヴィジョンは正しいということですか?
http://www.astroarts.co.jp/news/2014/03/18bicep2/index-j.shtml

>理論上提唱されてきたこの現象「インフレーション」の直接的な裏付けが初めて得られた。

ビッグバンの定義が変更されているのは宇宙の始まり→インフレ→大爆発とするためですか?

補足間接的に多宇宙を示すことはできるのでしょうか。

閲覧数:
222
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hot********さん

編集あり2014/3/2116:31:30

インフレーション理論が正しいとすると、”必然的”に多宇宙が発生すると考えられています。インフレーション理論の都合のいい所だけを取り入れて、多宇宙ヴィジョンを無視するということは許されません。今回、インフレーション理論の直接的証拠の一つが得られたということは、多宇宙ヴィジョンの正しさもより確からしくなったということは言えます。

しかし、まだ証拠といっても確実なものとまではいえないので、今後も引き続き、いろいろな証拠を固めていく必要があるとは思います。

また、ビッグバンの定義については、ご質問に書かれているような理解でよいと思います。


[補足]
ブライアン=グリーン博士の「隠れていた宇宙(上下)」(早川書房)というのは、いろいろな多宇宙理論についてわかり易く解説された良書ですが、そのP111(上)には、以下のように書かれています。
「もしインフレーション理論が的を射ているなら、そして多くの理論的研究が推論しているように、この理論が宇宙において具現化したものが永遠に続くなら、<インフレーション多宇宙>の存在は必然的な結果である。」
このような考え方によれば、インフレーション理論の正しさが証明されることが、「間接的に多宇宙を示す」と言ってよいと考えます。

※「インフレーション理論が実証されても、多宇宙論にすぐに結び付く訳ではありません」というのは、専門家の説を無視した、この人の勝手な思い込みでしょう。
※lupin氏が言っている話も、他では聞いたことがない話です。おそらく、この人の勝手な思い込みでしょう。インフレーション理論に基づく多宇宙というのは、「始まりがどうのこうの」という空想を積み重ねたような話ではなく、インフレーションの中で起きる相転移の不均一によって、親宇宙から子宇宙が生まれるという、理論的な話です。

質問した人からのコメント

2014/3/21 19:36:05

成功 みなさんありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

lup********さん

2014/3/2113:25:05

インフレーション理論が多宇宙ビジョンを予言している理由としては、インフレーションはまず宇宙に「始まりが有った」という事を前提としている訳です。

そして始まりがったのであれば「なぜその時だったのか」「始まりは1度だけなのか」との問いに答える必要があるのです。

そこで多宇宙論が登場してくるというわけ。

つまり
宇宙の始まりがいつでも何度でも起きる事なのであれば「始まりは何故その時だったのか?」「始まりは1度だけだったのか」との問いに答える必要が無くなります。
「いつでも何度でも起きるんだよ」と説明できることとなるので。

インフレーションから導き出される多宇宙の根拠はこの事を指しているのですよ。

per********さん

編集あり2014/3/2112:43:58

ビッグバン理論は宇宙誕生を説明した理論ではない。これは良くある勘違い。またビッグバンの定義は変わってない

ビッグバン理論とは…

1948年にジョージ・ガモフ等が提案した理論である。理論や観測から宇宙が膨張している事が分かり、そこから原初宇宙は高温・高密度状態であったと考えた。その状態で核融合が起こり、様々な元素が合成されたと主張したのだ。

ここで面白いのは、当時発見されていた素粒子は核子(中性子、陽子)、電子、ニュートリノのみで、ガモフ曰く「古典力学では膨大な数の『分割できない原子』があるとされていたが、今や私たちには、本質的に異なる3つの物があるだけだ。核子と電子とニュートリノである」と1945年に述べている。

ところが、その後30年足らずの間にクォークが発見され、陽子や中性子に内部構造があることが明らかにされてしまった。

そこでビッグバン理論は、クォーク同士の相互作用によって核子が合成される過程も加えられたのだ。

しかしビッグバン理論には幾つかの問題を抱えていた。中でも「平坦性問題」と「地平問題」は致命的であった。この2つの問題に答えをだしたのがインフレーション理論である。

またまた勘違いするといけないので言っておくと、インフレーション理論もまた宇宙の誕生を説明した理論ではないのだ。この理論では、“とにかく”宇宙は「プランクサイズ」の真空状態で生まれ、爆発的に膨張したとする理論である。どのように誕生したかなんて説明してない。

宇宙誕生仮説として有名なのは「ビレンキンの無からの宇宙誕生仮説」であるが、これはインフレーション理論とは独立した仮説である。

【補足】

インフレーション理論が実証されても、多宇宙論にすぐに結び付く訳ではありません。インフレーション理論は宇宙誕生を説明した理論ではないからです。ここは勘違いしないように

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる