ここから本文です

ミラーレス一眼 で 超広角レンズの設計に有利という情報をみかけたのですが どう...

sou********さん

2014/3/2105:54:09

ミラーレス一眼 で 超広角レンズの設計に有利という情報をみかけたのですが
どうしてですか?

補足フルサイズのミラーレス一眼の場合

閲覧数:
642
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

glo********さん

編集あり2014/3/2106:42:09

一眼レフに比べてミラーレスはフランジバックが短いので
本当に焦点距離が短いレンズを作ることが可能だからではないでしょうか?

例えば「焦点距離10mm」を考えます。
フランジバックが長い一眼レフでは実際の実物として
そんなに短い焦点距離のレンズなど作れませんよね?

実際は10mm以上なのに
擬似的に10mmにするような手品が必要になってくるため
一眼レフでは難しい(手品のタネ作りばかりに精力やコストを費やすことになる)のでしょう。

もっとも,そのような手品はミラーレスでも使っているわけですが,
実際の焦点距離と擬似的な焦点距離の差が少ないため
ミラーレスの方が簡単(手品のタネ作りに費やす精力やコストが削減できる)のでしょう。

以上,私の勝手な妄想入りの理由付けです。
(大筋では合っていると思いますが...)

質問した人からのコメント

2014/3/21 11:37:19

手品のような仕掛け すごくわかりやすい表現でした。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

かめださん

2014/3/2107:46:03

広角レンズは画角の広いレンズで、像の大きさに対して焦点距離の短いレンズが必要になります。

焦点距離の短いレンズで無限遠を撮りたい場合、凸レンズを像面から焦点距離だけ離して置くのが自然です。

フランジバックがミラーボックスの為に45mm程度ある一眼レフの場合、45mm以下の焦点距離のレンズは像面から焦点距離だけ離れた位置にレンズを置くことができません。本来20mmの位置に置きたいレンズを、20mmの位置に置かずに45mmから離れた位置で無理やり作ると、作れますが、枚数が増え、無理をしている分、性能は悪いです。特に素直に性能良く作れるはずの単焦点広角レンズの性能、価格、仕様で不利です。実際良い性能のレンズは少ないです。広角ズームのの方が差が出にくいです。

本来ミラーボックスを小さくできるのを専用にマウントを作っていないAPS-Cの一眼レフは専用の広角レンズを作る上で不利です。

ミラーボックスの無いミラーレス一眼はフルサイズであろうが、小さな撮像素子であろうがレンズを像面近くまで配置できるので、設計が素直でコンパクトに性能良く作ることが可能です。特に単焦点で顕著です。ただし、まだ実例は多くはありません。

dig********さん

編集あり2014/3/2107:07:16

その情報間違っていませんか?

望遠系が有利になるなら理解できますけど、フルサイズならメリット無いです。

補足を読んで・・・・・レンズのフランジバッグが短く出来るので有利かもしれません。 ミラー無い分レンズを撮像素子に近づけられるので。

望遠側ではメリット無いのでどっちもどっち?と言ったところでしょうか。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる