ここから本文です

心理学について質問です。 ディスカッションにおいて、face to faceの向かい会っ...

ana********さん

2014/3/2410:44:35

心理学について質問です。
ディスカッションにおいて、face to faceの向かい会って行うものと携帯電話のメールなどのツールを用いて行うもののでは効果の差みたいなものはあるのでしょうか?

できれば、その根拠となる文献のデータを教えていただけたら幸いです。

閲覧数:
134
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

onc********さん

2014/3/2414:26:13

効果の差はあります。

まず前提として:
第一に、集中力の問題です。ディスカッションやカンファレンスの多くは資料やスライドを見ながら行うことが多いと思うのですが、そこへさらに携帯電話の画面を増やし、しかも内容は「ディスカッション」となると、資料を読む余裕がなくなってしまう可能性があります。

第二に、表現力の問題です。対面であれば、言葉の他にも視線、表情、身体の動き、あるいは「空気」といったものまで、表現の手助けをしてくれます。一方で、メールだと文章のみです。文章を書くことが苦手なひとにはつらいと思いますね。

効果の差:
優先順位をつけ、統計値やデータなどは手元に資料として配り、話す内容・ディスカッションの内容に集中する、という点では対面が有利だと思います。ここまでは論理で話していますが、根拠となる文献を以下に挙げておきます。確かに心理学ではありますが、定量的に評価するという意味では社会科学や情報科学にも参考になる論文があります。

http://ci.nii.ac.jp/naid/110004798370
http://ci.nii.ac.jp/naid/110009570067

などをご覧いただければ幸いです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる