ここから本文です

地主に借地権を買い取ってもらうとはどういうことですか?

fin********さん

2014/3/2718:31:58

地主に借地権を買い取ってもらうとはどういうことですか?

補足これは地主が契約を更新したい場合ですか?契約満了の際、建物解体後、借地人の申し出で買い取ってもらうことは可能なんでしょうか?またこれはあくまでも借地権登記をした場合ですよね?ただ借りているだけで借地人から地主へ借地権の買取請求ってできるんですか?素人ですいません

閲覧数:
7,905
回答数:
4
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

xtg********さん

編集あり2014/3/2811:44:31

仮に貴方が地主と土地の賃貸借契約をし土地を借りているとします。
土地の使用料として毎月いくらかのお金を地主に支払います。
そうすると貴方には土地に対する借地権が発生します。

あるとき大家がそこに家を建てたいのでその土地を返してくれといった場合、貴方は土地の借地権を楯にとって
拒否することもできます。

それに対して大家は貴方が持っている借地権を返してもらう代わりに、その代価として一定のお金を支払うことで土地を返してもらう事ができます。この事を借地権を買い取るといいます。

(補足への回答)
私が上記でいっているのは大家から賃借人への土地の返還要求した場合の例です。契約解除の要求です。
契約満了の際に賃借人が契約更新の要求をしなければ、土地はそのまま地主に返却されるだけです。
契約が完了すればその時点で借主の借地権も消滅します。従って借地権の買い取りも発生しません。
借地権登記をしていなくても、条件に合えば(契約期間中の地主からの解約請求)借地権の買取はありえます。

(土地の上に建物がありそれを地主に買ってもらえないのかということですか。)
この場合はまず契約書を確認して下さい。一般的な借地における賃貸契約では契約期間満了時には、建物を解体して
更地にして戻すとなっています。従って貴方は地主とこの件で交渉するしかありません。地主しだいです。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ohi********さん

2014/3/2820:10:36

借地人の登記必要ではありません。

>ただ借りているだけで借地人から地主へ借地権の買取請求ってできるんですか?

借地権の元で,引き続き借地を使う場合です。

>これは地主が契約を更新したい場合ですか?

その逆です。地主が借地更新を拒否した場合に限って
借地人は借地権の買い取り請求が出来ます。

dam********さん

2014/3/2813:31:56

借地権を買い取る義務は地主にはないです。
第三者に譲渡する場合は、地主の承諾が必要です。
建物を解体した場合、地主は借地権の解約と解釈します。
まずは、地主にお願いすることです。地主が断ったら
第三者に売却するので、承諾料はいくらか確認することです。
第三者に譲渡されたくないからと、買い取る可能性は
あります。地主が借地権を譲渡しても不利益を蒙らない
のに承諾しない場合は、地主の承諾に代わる裁判所の
許可を得て譲渡できますので、本当に譲渡先があると
思えば、買い取る可能性は十分あります。

ken********さん

2014/3/2812:11:15

団塊世代の不動産問題コンサルタントです。f

あなたが、どのような立場の方から耳にしたのか不明ですが、借地権を地主に
<買い取って>もらうには、そのための前提条件が必要になりますよ。

その説明を、極めて平たく言いますと、
◆土地を借りても「借地権」を登記してあるか、
◆或いは、あなた(側)名義で登記した建物を建築してあるか、などです。

そして、一般的に言えば、地主から土地を借り(借地)て、借地人の名義で建物を建ててあるのが通例ですが、そこには、借地権と言う意味で<第三者対抗力>が発生します。(平たく言えば「オレのだよ」と権利主張できるのです)

前記の場合、仮に売却するのなら、<借地権付一戸建>などの商品名で、不動産の一般市場で正式に売却できます。

「補足」で、建物解体して更地で・・・は、地主に返還する「契約条件」のはずで、その処理も存在します。(ただし、金銭はからまないはずです)

●従って、全く当然ながら、地主より土地を借りて賃借料を払っているだけで、「借地権」などの発生はあり得ないのです。(契約期間の終了時に、地主より返還を求められればそのまま返還することになります)

「借地権」と言う権利は、前述したように、一般に向けて「権利」を売却することもできるほどの強大な権利で、借地権の内訳には、◆地上権と、◆賃借権、に分かれます。

一般に、多くの居住用の物件は借地権でも「賃借権」になりますが、仮に分譲マンション建築や、大型施設の建築の場合には、借地権でも「地上権」での契約にもなるようです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そしてあなたの「補足」にある、地主に「買い取ってもらう・・・」件ですが、そのこと自体は法的に保証などされている訳ではありません。(当事者同士の合意で任意です)*あまり聞いたことはありません。

●ただし、下記の状態により、法規定で地主に買い取らせることはできます。

それは、実際にあなたが登記された建物の所有者で、その物件を、
<借地権付一戸建>などとして一般に売却する場合です。

◆売却に出す、◆買主が出る、◆売買契約成立する、などの一連の手続きの中では、必ず買主から求められるのが、<借地権譲渡承諾書>の書類なのです。(買主と言うより銀行から求められます)

その際、あなたが前記書類を地主に提示し、署名・捺印を求めるのです。

そして、地主がすぐに承諾して、署名捺印をすれば良し、万一拒否されたら、
――それでは地主さんが買い取って下さい――と請求することができるのです。
この権利を<買取請求権>と称して、法規定されているのです。

更に、この一連の流れは、営業免許を持っている不動産業者なら、当然に知っている業務であり、通常は地主宅へ借地権者と同道するはずです。

●従って、単なる土地の借主・・・と言うだけでは、全く何も権利など発生しないのです。

以上、参考になれば幸です。
---------------
★なお、よければ私が作成の<知恵ノート>で参考になる項目をご覧下さい。(上記公開ID<kenanami3150>を開けば「知恵ノート」項目があります)

★また、更なる質問があれば、「回答リクエスト」でもお受けします。
(同様に<kenanami3150>を開き→左側の<回答リクエスト>で可能です)

あわせて知りたい

このカテゴリの回答受付中の質問

一覧を見る

このカテゴリの投票受付中の質問

一覧を見る

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる