ここから本文です

今高2なのですが、通うなら東進ハイスクールと駿台のどちらが良いと思われますか?

zum********さん

2007/8/2703:20:46

今高2なのですが、通うなら東進ハイスクールと駿台のどちらが良いと思われますか?

両者を比較すると、
東進・・・・
家の近くにある。
DVDで授業が見られるそうなので自分のペースで集中して勉強できる。
講師がいい(らしい)

駿台・・・・
家からは少し遠いが、何てったって大手予備校
授業の質が高い。


普通だったら、駿台に行くのでしょうが、僕は大教室で人がたくさんいるような授業はどうも好きではありません。それに大人数だと一人一人に対していろいろと行き届かないのではないかと心配です。(僕は社交的で自分からあれこれ質問したり主張したりするタイプの人間ではないので)
「きっとこの塾内で僕のことを知ってる人なんて誰もいないんだろうな・・・」なんて考えてしまいます。
授業も難しそうで圧倒されそうです。

ただ、東進もボッタクリで講師の質も大してよくないという話も聞くのでとても迷っています。

どうかよろしくお願いします。

補足皆さんちょっと回答が難しすぎます。
僕の勉強不足なのでしょうが、単科型、総合型というのもよくわかりませんし。
後の方はもう少しわかりやすい回答をしていただけると幸いです。

閲覧数:
12,740
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ton********さん

編集あり2007/8/3016:35:02

もっと、主体的に考えて下さい。

・通っている学校が、受験対策に力を入れているのか否か。-----要するに、予備校に何を求めるか。
・自分の学力は、「凸凹型」か「押しなべて型」か。-----つまり、「単科型」が合うか、「総合型」が合うか。
・課外活動に時間を取られているか否か。-----曜日と時刻を決められて、通い続けられるか。
・予備校への支払いは、どれ位まで許容される境遇か。-----「総合型」と比較すれば、「単科型」や「個別型」は、費用がかかる。

を考えて、ご自分で決めることです。

ただ、昨今の傾向として、「総合型」より「単科型」の予備校の方が、受験生の間では受け入れられているようです。
いくら「押しなべ型」だと言ったって、人それぞれ、得意・不得意がありますから、クラスが決まってしまうと、英数国、すべて同じように受講しなければならないのは、「不合理」だということなのでしょう。

この方式を取り続けているさる「大手」(老舗)は、それが故に優秀な学生が集まらなくなり、「特別クラス」を作って事態の改善を目指しています。

【追 記】詳しい解説を試みたのですが、大幅に字数をオーバーすることが判りました。そこで、「極論だ」との非難を受けるのは覚悟の上で、単純化させます。

予備校には、試験を受けるとクラスが決められ、そのクラスで英数国を一斉に受講する「総合型」と、英語なら英語だけ、数学なら数学だけを指導する「単科型」があります。

もし、あなたの通っている学校が受験対策に力を入れているところで、学校による指導に従っていればある程度以上の成果が見込めるなら、学力の「穴埋め」として「単科型」のところを選べば良いでしょう。
英語の「平岡」や、古文の「ニルの学校」がこれに当たります。

そうでない場合には、受験対策の勉強を、予備校に頼ることになります。

この場合にはまず、公開模試を受けて、自分の学力を査定します(決して、順位とか偏差値のような「相対的」な数字を意味していません。設問に対して何パーセント正解を出せたかを見て、自分は英語が強いとか、数学でも三角関数はOKだけれど行列が弱いとか、自分の学力を「絶対的」に捉えることです)。

その結果、英数国にあまり力のバラツキが見られないのを「押しなべて型」と呼び、英語は90%取れるのに国語は40%という成績を示す場合を「凸凹型」と呼びます。

もし「押しなべて型」でしたら、一斉授業の「総合型」で良いでしょう。つまり「駿台」ですね。

ところが「凸凹型」の場合は、「総合型」を選んでしまうと、時間的にもエネルギー的にもロスが生じる可能性があります。つまり、英語の授業は易しくってしょうがないのに、数学の授業にはまるっきりついて行けない...ってな事になりかねません。

この場合には、「代ゼミ」のように「教科を選べる」ところに在籍し、自分の学力に合わせて受講科目を選ぶ方が、理にかなっています。

ところで、「総合型」にしても「単科型」にしても、「時間割が決まっている」という欠点を持っています。つまり、講座は自由に選ぶことができても、授業が行われる時間帯に、自分の身をそこに運ばなけれならないのは同じです。
部活がある日は「欠席」じゃあ、困りますよね。

この「欠点」の解消をうたっているのが、「東進」のDVD授業です。受講する講座ばかりでなく、受講する時間も自分で決められますし、オンライン化されているので、家に戻ってから、もう一度その授業を「観直す」ことすら出来ます。
また、自分の学力に合わせて、進度を早くすることも遅くすることも可能です。

しかし、この「東進」にも欠点はあります。
まず第一に、自分の学力に合わせて授業を選択するより、どちらかと言えば、「おまかせします」という姿勢が強い人には向きません。こういうタイプの人は、「総合型」を選ぶに限ります。

次に、「ボッタクリ」との言葉もありますとおり、費用については、かなりの額を覚悟しなければなりません。

これくらいで、ご判断の材料になりましたでしょうか?

あせって即断する必要は、ありません。ご両親さまともご相談のうえ、じっくりとご自分で考えて決めて下さい。「評判」などに左右されずに自分で決めた道というのは、少しくらいキツくたって、歩み続けられるものですから!

質問した人からのコメント

2007/8/31 22:16:18

成功 素晴らしい回答ありがとうございます。追記がとてもわかりやすかったです。
僕は「凸凹型」です。代ゼミということは選択肢になかったので、今度話を聞きに行ってみて検討してみたいと思います。
本当にありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

o_o********さん

2007/8/2706:20:29

あなたは勘違いをしています。
予備校は全て講師で決めるものです。それ以外の要素は勉強と直接関係なく、予備校が儲ける為の手段に過ぎないのです。予備校が一番苦労するのが、よい講師を集めることなのです。ですから、設備などは、講師の質をごまかすための口実に過ぎないのです。どんなに汚い校舎であってDVDがなくても、勉強がわかるようになるにはよい講師に教えてもらう以外ないのです。

現実には、進学校では友達同士の間でよい講師の情報が伝わり、その講師だけを受けるということが行われています。予備校名では絶対に選ばないのです。このような情報を得られない学校の生徒は現実に損をすることになりますが、方法はあります。まずよい講師はたくさん本を出していたりしますのでとりあえず予備校の参考書売り場に行ってそれを調べてみることです。自分にあっていそうならばその講師を受講してみるのがよいでしょう。

最後に
予備校は、勉強でわからないところを解決するために行くのであり、誰もが悩むところは大教室でやるような講義でも十分なのです。個別な授業はあなただけわからないところを教えてもらうために最適です。ですから、どちらも必要なのであり、そのためにはまずあなたがどこがわかっていないのかをはっきりさせるための自宅での勉強が必要になるのです。この作業をしないで予備校にいっても、お話を聞くだけ、ノートをとるだけで終わってしまうのです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる