ここから本文です

バイトを二つ掛け持ちすると・・

lekusasu_godさん

2007/8/2820:12:49

バイトを二つ掛け持ちすると・・

バイトを二つ掛け持ちした場合、所得税や住民税などどうなるんですか?
一つのバイトを長時間勤務するより、得することはあるんですか?

また、社会保険にはいらず、国民保険でいきたい場合、一つのバイトを長時間やるより、二つを週三日ずつやったほうがいいんですか?

よく掛け持ちしたら税金対策になるとかききますが、それは事実なんでしょうか?教えて下さい!!

閲覧数:
86,650
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

iiikkk9728さん

2007/8/2916:39:39

会社に勤務して、給与を受領する場合、社会保険料を控除した後の課税所得が、
1ヶ月88,000円以上ですと、その給与を支給する企業は、源泉所得税を控除する事が義務付けられています。

逆に言えば、1ヶ月当たり、88,000円未満ですと、源泉徴収の必要は有りませんので、
給与からは、所得税として、控除はされませんので、全額を受領する事が出来ます。

しかし、これが適用されるのは、扶養控除の申告届を提出した1社のみで、
2社目からは、源泉徴収税額表の『乙』が適用されますので、例え小額でも、源泉控除の
対象になります。
源泉徴収の税額表は、こちらをご覧下さい。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/zeigakuhyo200...

会社側としては、『扶養控除申告書』が提出されていない場合には、『乙』の金額を
控除しなくてはなりませんが、仮に、担当者がうっかりしていますと、未提出にも関わらず
提出されている物とみなして、『甲』の金額で、処理してしまう可能性が有ります。

その場合には、2社から、それぞれ88,000未満の金額を受領していた場合には、源泉所得税は
全然控除されていない事になります。
従って、表面では、まるで、無課税の如くに受領出来ますので、収入が増えた様な錯覚に
とらわれる事が考えられます。

しかし、その場合であっても、2社から受領する、源泉徴収票を添えて、確定申告する事で、
本来の所得税を納付する事になります。

又、住民税についても、その確定申告に基づいて、翌年に課税されます。
国民健康保険、国民年金についても、同様に、確定申告に基づいて処理されます。

正しい、本来の処理に付きまして、ご説明したつもりですが、これで納得して頂けましたでしょうか?

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。