ここから本文です

建物の外壁材の仕様について質問です

ver********さん

2014/3/2915:50:15

建物の外壁材の仕様について質問です

22条地域に建築する建物で、外壁に不燃材の使用が義務付けられていますが、現在お客様の希望の外壁材が金属サイディングで準不燃材です。

メーカーのHPを見ると下地に石膏ボードを張ったり、内壁を石膏ボード2枚張りにするなどで防火構造だったり準耐火構造とすることができるそうなのですが、不燃材の仕様に相当するものは何構造になるのでしょうか。

また不燃材の使用が義務付けられている中で、準不燃材を使用するので上記の仕様で施工して不燃材使用相当の構造にしたところでそれで法規上問題ないものなのでしょうか。

閲覧数:
8,273
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nar********さん

2014/4/600:02:06

「この製品を使用して、そのような構造が使用されれば、それは耐火構造になるでしょう。」
各記事を最初にチェックし、カタログの本の糸冬了を参照してください...
必要なことは構造トップsemiをちょうど持つことです-耐火性実行。
恐れを備えた外壁にはsemiがちょうどあるべきです-火災予防実行?
かどうか現われる実行は単に指摘され、この製品を使用することができますこの。
沸騰させられる技術基準、また、それは関連づけられ、政令によって確立されます、適した...省略...」
さて、言語出てきた「semi -火災予防実行-」が場所で、金属システムの羽目板のようなカタログをここまで見る場合、なるほど、それは賛成しています。
そのエリアが言われているその場合、実行をする構造が言われているその場合および資料自体、本の糸冬了の方向は、確かに「耐火構造」などに対して一致に関する実例を持っています。
それは段階的に判断することができません。
多くの羽目板メーカーのカタログの場合には
質問の必須条件が間違っているように、それは話です。
しかしながら、それは羽目板単体で判断しません。しかし、何がありますか。
いくつかのグラウンドの断熱?
正確にチェックされて、記事などだった?
部屋の内部の側の覆いがあるかどうかそれは合成的に判断しますが、またなるだろう、耐火構造の中で混乱した、に関して?
など、前述の「semi -耐火性実行-」はそうです、

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

h_c********さん

2014/3/3015:24:00

こんにちは、住宅屋です。

正確に条文等を確認しましたか?

まず、22条では屋根のことしか書いてない。
「いわゆる22条地域にある建物の外壁」を規定しているのは23条。
で、23条には以下のような記載がある。
「・・・略・・・その外壁で延焼のおそれのある部分の構造を、準防火性能
に関して政令で定める技術的基準に適合する・・・略・・・」
さて、ここまでのところで「準防火性能」という言葉出てきたが、
「不燃材の使用が義務」とはどこにもない。

そう、22条で指定された地域に木造の建物を建てる場合は、延焼の
おそれのある外壁は準防火性能を有していればいいのです。

地域を言う場合と、性能を有する構造を言う場合と、素材そのものの
性能を言う場合と、3種類の防火とか耐火に対する規定があるので、
ごちゃごちゃになっちゃうんだが、上記の「準耐火性能」は、
構造上準耐火性能を有していればいい。

金属系のサイディングなどのカタログをみると、確かにサイディング
単体では「準不燃」となっているものが多い。だけどこれは製品単体
での性能を指しているだけで、この製品が使えるかどうかは、この
段階では判断できない。多くのサイディングメーカーのカタログの場合
巻末の方に必ず「防火構造」への対応などについて例示がある。
「この製品を用いて、こんな構造にすれば防火構造です」とね。

サイディング単体で判断するのではなく、下地は何か?断熱は何か?
室内側の被覆はあるのか?などを総合的に判断して、防火構造か
準防火構造に相当すれば、22条地域の延焼のおそれのある部分で、
耐力壁の外装として準不燃の外壁材でも使用は可能なのです。

各条文をまず確認し、カタログの巻末を見てみましょう...

ちなみに、金属系や窯業系で22条地域で使えない外壁なんて...売れない!

sev********さん

2014/3/2916:21:32

22条地域の外壁は、不燃材の使用ではなく【準防火性能】ですよ。あと金属サイディング自体(金属板)が告示で【不燃材料】の仕様規定を満たしていますよ。メーカーのHPに金属サイディングが準不燃材料と明記があっても、本当に金属葺きであれば不燃材料とみなしてもOKですよ。性能規定より仕様規定の方が上の扱いですから。

質問の前提条件が間違ってると思いますので、正確な回答は出来ず申し訳ないですが、通常は22条地域は【防火構造(大臣認定)】でクリアしますので、防火構造の外壁仕様にして下さい。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる