ここから本文です

理由を言うときに、「から」、「ので」はもちろん、最近の勉強で「のだ文」も理由...

sagamihara3776さん

2014/4/311:34:08

理由を言うときに、「から」、「ので」はもちろん、最近の勉強で「のだ文」も理由を表すこと分かりました。
使い分けよくわからない、質問させてください。

下記の三つの文書はどっちも使いますか、ニュアンスはどう違いますか。
①花見に行きません、その日に別の予定があるんです。
②花見に行きません、その日に別の予定があるからです。
③花見に行きません、その日に別の予定があるので。

閲覧数:
258
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2014/4/318:08:21

理由を言うときの「から」と「ので」。

①と③はほぼ同じではありませんか。
下記のように文を入れかえてみてください。

①その日に別の予定があるんで、花見に行きません。
②その日に別の予定があるから、花見に行きません。
③その日に別の予定があるので、花見に行きません。

理由を示す「から」と「ので」の違いというのはよくある質問です。
〈「〜から」は主観的、「〜ので」は客観的〉という説をよく見聞しますが、実際にはほとんど差はないようです。ほとんどの場合は互換性があります。

詳しくは下記をご参照ください。
【48定番の質問──「〜から」と「〜ので」と「〜ため」のニュアンスの違い】
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n150531

下記の3)の論文に下記の記述があります。
================引用開始
その他では、『男性に比して、女性に好んで「ので」を多用する傾向がみられる』と『日本文法大辞典』は指摘している。これも、女性の方が自己の正当性を主張するような表現よりも、因果関係を前面に押し出さない控えめな表現を好むためであろう。
================引用終了

これにしても、「傾向がみられる」程度のことのようです。ホントにそんな性差があるのか、という疑問も残ります。
詳しくは下記をご参照ください。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1294599677
================引用開始
「主観」と「客観」に関してもかなり異和感がある。
仮に「から」が主観だとしたら、「ので」だって十分主観なのでは。「のため」あたりなら客観なのかもしれない。
たとえば、事故で電車が遅れたことを表現する。

事故があったから電車が遅れた
事故があったので電車が遅れた
事故があったため電車が遅れた

テレビのニュースはどれを使うか。たぶん「ため」だろう。もちろん、「事故のため」「事故があり」でもいい。
これは「主観」「客観」と言うより、「から」「ので」が話し言葉的で、「ため」が書き言葉的ってことだと思う。
話し言葉的だから、ラフな感じで、どちらかと言うと「主観的」になる。
書き言葉的だから、フォーマルな感じでどちらかと言うと「客観的」になる。
「から」と「ので」についても同じことが言えるのでは。

「から」のほうが話し言葉的だから、ラフな感じで、どちらかと言うと「主観的」になる。
「ので」のほうが書き言葉的だから、フォーマルな感じでどちらかと言うと「客観的」になる。
でもその差はほんのわずかで、ほとんどの場合は互換性がある。

「から」と「ので」にどの程度のニュアンスの違いがあるのかは、当方には判断できない。
ついでに書いておくと、このニュアンスの違いは、接続詞?の「だから」「なので」「そのため」にもあてはまると思う。
================引用終了

ほかにYahoo!知恵袋では下記のBAの回答をよく目にします。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1476608574
下記の3つの論文やサイトの要点をうまく切り貼りしていると思います。著作権的には問題も感じますが……。
1)【接続助詞「から」と「ので」の違い】
http://hdl.handle.net/10091/1843
2)【日本語講師のひとりごと】
http://blog.goo.ne.jp/kaoriam/e/c846817c27b0d3526dc92242b13727ff
3)【「から」と「ので」の使い分け】
http://www2.dokkyo.ac.jp/~esemi008/kenkyu/miki.html

細かく見ると、1)〜3)はいずれも少し問題がある気がします。詳しくは下記をご参照ください。
「で」と「から」の区別〈2〉
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2599.html
(以下略)

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2014/4/316:35:42

①花見に行きません、その日に別の予定があるんです。

「んです」は「のです」の音変化で、準体助詞「の」 + 断定の助動詞「です」 という構造です。
下記辞書にある、
1 理由や根拠を強調した断定の意を表す。「注意をしないからけがをする―◦です」
という用法に該当します。
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/172106/m0u/
理由を強調的に述べたいときの表現。

②花見に行きません、その日に別の予定があるからです。

この「から」は、原因・理由・根拠などを表す接続助詞です。
「わたしには、別の予定がある」という理由によって、花見に行かない、と言っています。

③花見に行きません、その日に別の予定があるので。

「ので」も「から」と同様に原因・理由・根拠などを表す接続助詞です。
文における前項と後項の因果関係が誰の目にも明白な場合には、「から」よりも「ので」のほうが適しています。
「昨夜は遅くまで起きていたので眠い」(遅くまで起きていれば誰でも眠い)
「彼女は優しいのでみんなに好かれている」(優しい人なら誰でも好かれる)
などの文でも「から」を使うよりは自然になると思います。
②と異なり、「わたしだけでなく、別の予定があるなら誰でも当然、花見には行かないだろう」というニュアンスになります。
この意味で、
③花見に行きません、その日に大事な予定があるので。
のように表現すると、「ので」の効果が十分に発揮されるでしょう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。