ここから本文です

米国会計基準を採用している日本企業がIFRS(国際財務報告基準)へ変更することの...

pag********さん

2014/4/617:13:32

米国会計基準を採用している日本企業がIFRS(国際財務報告基準)へ変更することのメリット・デメリットについて教えてください。

閲覧数:
477
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kua********さん

2014/4/619:38:48

回答しますね。
お尋ねの方で聞かれているのは、SEC基準だと思います。(=FASBは、会計基準設定主体ですので、SECの下請けみたいになっています。)
日本企業でSEC基準で「有価証券報告書」を作成認可されているのは、20数社ほどです。
アメリカとIFRSでの”調整”を待たないと、メリット/デメリットは、多分わからないのでは、ということです。
(理由:Form-10KをIFRSが”コンパチブル”と認めてくれるか、、、多分そうなりますが、H26/4/6時点では、分かりません。)
金融庁は、IFRS強制適用となった場合でも、これらSEC基準の会社には、「特例」は出すでしょうね。
>http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B1%B3%E5%9B%BD%E4%BC%9A%E8%A8%88%E...
多くの点で、「コンバージェンス」が未完了です。もし、SEC、IFRS、「金融商品取引法」、「会社法計算書類規則」と4つになれば、これら20数社に会計の手間はかなりかかるので、多分IFRS=SECとなるように、「日本では」認めてくれる、と思います。
なお監査証明については、日本のCPAサインでSEC受理ですから、手間は増えないと思います。
これら会社のIFRS強制適用について、もう事前準備は済んでいると思われます。SECとIFRSで、どう調整されるか、結果を待つのみになっています。
参考にしてください。

質問した人からのコメント

2014/4/6 20:52:08

成功 わかりやすい説明で大変助かりました。本当にありがとうございます!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる