ここから本文です

回答が集まらなかったので 再び質問致します! 質問1.東京都内で、 山桜とエ...

Polivanov9138さん

2014/4/619:36:23

回答が集まらなかったので
再び質問致します!

質問1.東京都内で、
山桜とエドヒガンを
鑑賞出来るスポットを、
教えて頂ければ幸いです!

質問2.
ソメイヨシノは、
江戸時代の駒込

染井村で
エドヒガンとオオシマサクラの
交配種で 誕生し、
全て挿し木でしか
増やせないとの事だが、
ソメイヨシノの寿命は
いったいどれぐらいなのか?
全てがクローン故に
短命なのか?

質問3
植物用語の、
自家不和合性と
てんぐ巣病の、
解説のほどら
お待ち申しております!

質問4
何故平安時代に栄えた
梅を鑑賞する文化は廃れて、
桜を鑑賞する文化が
日本に根付いたのか?

質問5.
同音同意の漢字、
「桜」、「櫻」の
微妙なニュアンス違いを
教えて頂ければ幸いです!

植物カテゴリーの皆さんの
ご回答のほど、
お待ち申しております!

閲覧数:
185
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2014/4/621:44:09

質問は一つずつした方がいいですよ。

……追記……
1.関西在住なので東京のことは知りません。皇居とか?

2.適地でもないところに植栽されて、真っ当な管理をされずに、弱ったら切る。そういう扱いしたら、寿命縮まりますよね。樹木は育て方によって寿命変わりますから。現存する最古の株は弘前公園にあって樹齢120年以上だそうです。
クローンは短命の直接の原因ではないと思います。クローンだからこそ、一斉に咲いて我々を愉しませてくれるんです。あと、ソメイヨシノに限らず、果樹はほとんどクローンですし、クローン=悪、みたいな考えはただの思考停止だと思います。

3.自家不和合性…自分と同じ遺伝子型の花粉を無視して、親近交配を防ぐ仕組み。
サクラ天狗巣病…子嚢菌タフリナ属Taphrina wiesneriの感染で起こる病気で、植物ホルモンの撹乱が起こり隠芽という隠芽がすべて芽吹き、やたらと葉が出てでたらめに成長し、いわゆる「天狗の巣」を作る。美観を損ねるうえに、エネルギーを持っていかれてしまい樹が弱るので、天狗の巣は切り取って燃やさなければならない。

4.現代人も梅鑑賞しますけどね?
庶民的には公園に植えっぱなしで剪定とかしなくてもそれなりに育つサクラの方が、お手軽で良いんではないでしょうか。
ウメは手入れしないと大暴れしますからね。

5.旧字体の方が古い感じですね。
人名、地名以外では櫻をわざわざ使うことはないですけど。

質問した人からのコメント

2014/4/11 22:07:01

降参 ご回答のほど
頂いたのでbaを差し上げます!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

oto********さん

2014/4/1121:52:31

1番のみですが…。
八王子市の多摩森林科学園
様々な桜を観賞できます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる