ここから本文です

白人とアジア人はどうして違う進化の仕方をしたのでしょうか?

sta********さん

2014/4/704:39:27

白人とアジア人はどうして違う進化の仕方をしたのでしょうか?

白人達が住んでいたヨーロッパの辺りの気候は冷帯でとても寒く、白人達はその気候に合わせるべく体温が高くなり肌が白くなり鼻が高くなりました。
一方アジア人は氷河期(?)などの寒さから逃れるために顔はのっぺりになり、手足が短いずんぐりむっくりな体型へと進化しました。
なぜ気候はほぼ同じなのにここまで分かれてしまったのでしょうか?
あと日本では縄文人と弥生人がいますが縄文人はアジア人なのにどうして白人のような感じなのでしょうか?やはり微妙な気候の差などが関係しているのでしょうか……

閲覧数:
2,119
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rit********さん

編集あり2014/4/1019:22:41

欧州と東アジアの気候の違いが主な原因と考えられます。

欧州の気候はイギリス、フランス、ドイツなどは西岸海洋性気候、イタリアはギリシアは地中海性気候、ロシアやポーランドなどは冷帯気候ですが、全体的に高緯度(北緯40~50°)であり日光照射量は東アジアよりかなり少なくなります。これがヨーロッパの人々の肌の色が白くなる原因です。大きな暖流である北大西洋海流と偏西風のため寒暖差が小さく湿潤な気候なりますが、一方で東アジアは欧州より低緯度(北緯30~40°)ですが、モンスーン(季節風)の影響で夏は南方から暖かく湿った気流が運ばれ、冬は北方から寒く乾燥した気流が運ばれるため、寒暖差が大きくなります。このため、欧州の寒暖差は東アジアほど大きくなりません。例えばパリは冬の平均気温5℃くらい、夏の平均気温20℃くらいです。これに対して東アジアはどうかというと、北京は冬の平均気温-5℃くらい、夏の平均気温25℃くらいです。また、冬は欧州の方が湿潤で、東アジアは乾燥します。乾燥していると体感温度が低くなることはご存じのことと思います。つまり、冬の気温は東アジアの方が低く乾燥してより寒くなるので、厳冬に耐えるために体表面積を小さくして体の熱を奪われないように、のっぺり顔で手足の短いずんぐり体型に進化しました。

なお、縄文人は東アジアでもあまり寒くならない温暖な地方(中国大陸の南部)と日本が陸続きだったころに日本列島にやってきたため、厳しい冬に耐える必要があまりなく、比較的彫の深い(表面積の大きい)顔のままでした。

追記:
ncnicebbq3さんは、高緯度地帯に棲むにはメラニン色素が少なくなければならない、寒冷地に棲むには体毛が長くなくてはならないという、生物の実態を無視した思い込みにとらわれているようです。閲覧者が混乱するといけないので書いておきますが、そもそも現生人類の中に体毛が濃い民族集団などいないのだから、この議論の俎上に挙げること自体が無意味です。人類の祖先の体毛が薄くなった理由についての仮説には性選択説、サバンナ説、アクア説などありますが、周囲環境の温度とはほとんど無関係に起こっています。

以下も参考に。

体毛が短くなった理由について
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1412705317...
服を着るようになった時期について
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1112105192...

質問した人からのコメント

2014/4/12 10:36:14

回答ありがとうございます!!
長年の謎が解けました

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ncn********さん

2014/4/819:27:16

ビタミンD不足なら、イヌイットやブリヤート人も金髪碧眼じゃなきゃいけない。
東アジアは、ヨーロッパよりも寒いから、
ヨーロッパ人とは正反対の特徴になるというのは、訳が分からないと思う。
だって一般的に寒いのには変わりないのに、
その同じ寒いことを理由にして、特徴が反対になるなんて、
どんな理屈から?っていうことだから。
それにそんなに寒いなら、なんで体毛が薄くなったのかということも分からなくなる。

結局肌の色以外、なにも分かってないんだと思うよ。
ある説を取り上げて、こうだ!と言えば、それと矛盾したものが出てくるし。

案外、かつてただの実験の為に、宇宙人が人間を創造した、
っていうのもあるかもしれない。
神まだしも、宇宙人だと、語感的になんか嫌だなぁw

hon********さん

2014/4/711:56:00

実際は何もわかっていません。
そもそも同族とも限らない。
先祖を辿れば哺乳類など皆一緒ですし。

niq********さん

2014/4/708:52:18

白人もアジア人ももとは、アフリカにいました。人口増大で出アフリカした後、白人は投てき器と言う道具でクロマニヨン人の縄張りを寝食して行ったようです。鼻が高いのは寒気を暖めやすいから。白いのは太陽光が少なく、ビタミンDの合成に紫外線をたくさん取り込めるため。
出アフリカ時にシナイ半島を通るわけだけれど、その場でいるのは今のアラブ人みたいな感じ。ユーラシア大陸に徒歩で行った組は蒙古斑と言う共通の遺伝的要素を獲得している。東南アジアからは海路でオーストラリアへ。今のインドの人も黒めの皮膚をしているのも最初にアジアに行った組と同根だから。縄文人はユーラシア大陸から千島列島が氷結していた時に徒歩で移動していた組なので体毛が濃く大きな目彫りが深め。弥生人は朝鮮半島経由のユーラシアから南下した組なのでそれとは違う平たい顔の民族である。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる