ここから本文です

呼吸性アシドーシスにメイロンを投与してはいけない原理を教えてください。 H HCO...

tak********さん

2014/4/709:22:42

呼吸性アシドーシスにメイロンを投与してはいけない原理を教えてください。
H HCO3-⇔H2CO3⇔CO2 H2O の式で教えていただけるとうれしいです。

閲覧数:
11,202
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ski********さん

2014/4/1314:24:25

メイロン:NaHCO3です
Na+HCO3となります

呼吸性アシドーシスでは、代償性にHCO3が増えています
これにNa+HCO3を投与するのは合理的ではありません
PCO2を下げることを考えるべきです

代謝性アシドーシスでは、HCO3が減少しています
だから、Na+HCO3を投与すべきです

ただし、重症な呼吸性アシドーシスでは、一時的に使う事もありますが、これは例外です

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる