ここから本文です

神職の階位

mii********さん

2014/4/2015:27:42

神職の階位

.
.

私んちところのお宮の神職の階位を知る方法はありますか。
本人には聞きにくいですね。

閲覧数:
466
回答数:
3
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ito********さん

2014/4/2022:26:05

ある程度階位は推測できます。
それは階とともに身分を現す級ははっきりわかりから。神社の規模や年齢を見ます。
級は特級、一級、二級上、二級、三級、四級。これが袴にはっきり表示されます。四級は本職の神主ではまずいない、特級も普通の神社にはいない。
袴の色、柄は、
特級、白地に白い紋。
一級、紫地に白い紋。
二級上、紫地に多少うすい紫の紋。
二級、紫無地。
三級、浅黄色無地。つまり水色。
神主の身分はこの級で形式的に決まります。
対して、階は学問の度合い、もちろん、持っている階が昇級の早さにも影響。
浄階、明階、正階、権正階、直階となります。
直階は便宜上の資格で正規の神職の家族とか事務員さんとかの簡易な資格で直階イコール4級です。
権正階以上は3級以上で、イコールにはなりません。若手の明階は3級です。
國學院大学、皇学館大学卒業または、それらの専攻科、京都國學院(大学ではなく養成所)の明階コースのみが明階という上級神職の階を取得。普通の養成所では正階を取得。権正階は正階をとるに時間のない場合のもの。浄階は長年功労のあった名誉階です。
で、2大学神道学科卒業で、奉職数年後必ず明階(むかしは卒業で明階だったが厳しくなった)3級。養成所2年終了で正階3級。
明階3級でかなり出世早い人でアラフォー四十歳そこそこで2級に昇格し袴が紫無地になります。正階3級だとアラヒィフで2級、覚えがわるいと六十ちかいのに3級浅黄の袴の人も。
全国的に有名なでかい神社には1級がいて、2級紫無地袴も数人いたりしますが、地元の正月には何万人規模参詣神社だとせいぜい2級上が宮司であとは水色、ちいさな個人がやってる神社なら宮司は2級紫無地か、3級浅黄色かでしょう。

質問した人からのコメント

2014/4/26 20:44:41

ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

jim********さん

2014/4/2112:59:21

神職の階位 には色々ありますよ。

kaj********さん

2014/4/2016:51:40

神社庁や神社本庁に名簿がありますが、関係者以外は閲覧できませんし、問い合わせても教えて頂けません。

ですから本人に聞くか、ご近所の神社に教えて頂くしかないでしょう。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる