ここから本文です

交際費や会議費の経費について教えて下さい。 小さな株式会社を経営しています...

tat********さん

2014/4/2321:59:29

交際費や会議費の経費について教えて下さい。

小さな株式会社を経営していますが、
取引先などと食事に行った時に
割り勘で払う時があります。

こういう場合はこれまで出金伝票で自分で手書きで記載していたのですが、

ずっとこのやり方でいいのでしょうか?
税務調査など入った場合にいちいち説明するのがちょっと・・・

例えば、
3名で食事に行った。
お会計が3万円だった。
一人1万円ずつ支払った。
領収書は別の人がもっていった、もしくはもらわなかった。
などの場合です。

これまでは、たまにだったので、
お店に頼んで領収書を分けてもらったりしていたのですが、
金額が均等になる事もほぼ100%ありませんし、
頼むのも面倒ですし、数も増えてきたので、
こういう場合は皆さんどのように会計ソフトに記帳していますか?

仕事の建前上、領収書をもらえない場合はどうしてますか?

規模も小さくほぼ取引もなく、税理士に頼むレベルでもないので、
自分で会計ソフトに記帳しています。

それと、会議費は一人あたり5千円以内の場合、
というような事がネットでよく見るのですが、
例えば2名で一人2千円のランチミーティング等をした場合は、
交際費ではなく会議費になるのでしょうか?
昨年から交際費も100%経費計上になったので交際費にしてました。

あと、お土産などの千円程度の物もです。
交際費で問題ないでしょうか?

皆さんのご意見伺えれば幸いです。
よろしくお願いいたします。

補足全部否認ですか…ありえないですね。私なら不服申し立てで裁判します。勝てるかわかりませんが税務調査の言いなりになるメリットが見つかりません。それと、「法改正で交際費から5,000円以下が除かれるのは飲食です」という意味がわかりません。うちは年商も僅かで、全額経費計上できると思いますが、5千円以下の交際費は全額計上できないという事ですか?

閲覧数:
3,611
回答数:
5
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hir********さん

2014/4/3016:10:50

>ずっとこのやり方でいいのでしょうか?
できるだけ領収書はもらう、もらえない時は明確に記載し保存しておけば説明もできるでしょう。

>例えば2名で一人2千円のランチミーティング等をした場合は、
>交際費ではなく会議費になるのでしょうか?
5千円以下の飲食代は交際費にはなりません。
会議費、飲食費となります。

>あと、お土産などの千円程度の物もです。
>交際費で問題ないでしょうか?
問題ありません。

なんか、皆さんすごくわかりにくい回答されてますね。
交際費が10%損不算入なのは平成25年3月までです。
25年4月から資本金1億円未満の会社は800万迄全額損金算入です。
こんなことも知らずによく答えられますね…呆れます。

質問した人からのコメント

2014/4/30 17:31:16

成功 よくわかりました!
はい、全額算入できるのは知ってます。それは質問にも書いたのですが、法改正を知らない人が多いですね(笑)
知らないのに答えてくる知ったかぶりには困ったものです。。。
大変勉強になりました!ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

gre********さん

2014/4/2618:26:47

いわゆる中小企業の交際費については

申告書を作成する際に10%否認されます。

交際費の10%は経費とは認めませんという処理。

でもランチミーティングなどくらいはいいんじゃない?という法改正で

これを会議費として処理すれば、全額経費にしていいよというものです。

(ただし会議費にするには要件がりますkらご注意ください)

ですから、金額の多寡にかかわらず交際費で処理して構いません。

割り勘は面倒ですよね。

現状、割り勘というのはあると思います。

面倒化もしれませんが

可能かなぎり、その場で別で領収書を発行してもらってください。

発行されたものは経費に、それ以外はポケットマネー。

年に年末年始に一回くらいであれば出金伝票で、相手先、人数、金額など

記載したものであれば容範囲かもしれませんが

増えてしまうと、、、

やはり客観性がないですからね。

また、良くいるのが

本当は割り勘なのに、領収書をもらって

その金額を全額、経費で落としてしまう方。

これが多い、、、

そうすると

その時の割り勘がどうか?という話になります。

いろいろ絡み合うことになるので

ある程度のところで、線引きされた方がいいと思います。B

プロフィール画像

カテゴリマスター

aji********さん

編集あり2014/4/2617:57:15

質問の数が多いです(笑)

>仕事の建前上、領収書をもらえない場合はどうしてますか?
割り勘で飲食したものを会社の経費にしようとする人は一般的にはいないと思います。割り勘はポケットマネーじゃダメですか?仮に支払うとしても、飲食の事実があったことを証する書類が必要ですので、相手の会社の出納担当者に連絡するなどして、領収書の写しを貰うなどした方がいいと思います。

>例えば2名で一人2千円のランチミーティング等をした場合は、交際費ではなく会議費になるのでしょうか?
会議に通常必要な飲食費は会議費で処理します。交際費は、法人が、関係先等に対する接待等の行為のために支出するものをいいます。食事を奢ってあげたという点では接待かもしれませんが、通常は会議費にしています。

>あと、お土産などの千円程度の物もです。交際費で問題ないでしょうか?
お土産は原則交際費ですが、飲食店で売っているお土産(お持たせ)については、5千円基準で考える飲食等に含まれるとされています。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/joho-zeikaishaku/hoji...
61の4(1)-15の2 解説4


補足について
法人税の交際費損金不算入の規定は次のような流れになっています。
・関係先に対する接待等の行為のために支出する費用は交際費に該当し、損金不算入。但し、①②を除く。
①飲食等で1人当たり5千円以下のもの。
②会議に関連して、飲食物を供与するために通常要する費用。
屁理屈のようになりますが、①と②は別物なのです。
会議等で通常要する費用だったら、5千円超でも損金算入です。(安倍首相とオバマ大統領の3万円の寿司は、もしかして会議費?)
まあ、通常ありえないですけどね。
「5,000円以下が除かれるのは飲食です」というのは、①のほうですよということだと思います。
どちらにしても損金算入されるのでどうでもいいですが、イメージ的には②で除外したほうが格好がいいような気がします。

t22********さん

編集あり2014/4/2618:44:22

取引先の相手と会食をした場合。一人1万円もかかるような場合は、当然交際費としなければなりません。5千円以内で有れば、本来は交際費勘定なのだが、会議費として計上しても良いという事で、これは税務会計の処理方法で、財務会計では交際費なのです。
補足について
―「法改正で交際費から5,000円以下が除かれるのは飲食です」という意味がわかりません・・・・・この様な誤った解釈をするようでは残念ながら回答する意味が無いのです。

xcv********さん

編集あり2014/4/2801:41:30

~~~仕事の建前上、領収書をもらえない場合はどうしてますか?~~~
私は、面倒でも領収書を分けてもらっています。
税務署にいちいち説明をしたくないから。
~~~例えば2名で一人2千円のランチミーティング等をした場合は、
交際費ではなく会議費になるのでしょうか?~~~
交際費は極力少な目に計上して会議費を使っています。
交際費があまりに多いと税務署に説明を求められるのがイヤだから。
~~~お土産などの千円程度の物もです。
交際費で問題ないでしょうか?~~~
お土産・年賀状・お中元・お歳暮は金額が小さくても交際費に計上しています。
法改正で交際費から5,000円以下が除かれるのは飲食です。
本件の国税庁のタックスアンサーは下記です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/hojin/5265.htm
補足について
~~~「法改正で交際費から5,000円以下が除かれるのは飲食です」~~~
この意味は除いても良いということです。そう書いてありますよ。
つまり除かなくても良いとなります。
どうせ800万円迄は全額経費になりますから。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる