薬剤師目指してます。

ベストアンサー

0

その他の回答(3件)

0

給料は地域によります。 病院は400万くらい。 調剤薬局は400万~600万くらい。 製薬企業も初任給は400万から450万くらいでしょう。 就職先は給料で選ばない方がいいですよ。 その後の昇給率、退職金、福利厚生で大きく違ってきます。

0

私が働いているドラッグストアは月の手取りで約30万(基本給20万+手当10万)、賞与は年間基本給の3ヶ月分。年収にすると420万ほどでしょうか。ちなみに新卒2年目です。 ドラッグストア、調剤薬局、病院の順に給料は安くなりますが、人気なのは逆ですね。 病院は給料20万程度ですが、優秀な人は行きたがります。 ドラッグストアは給料はいいけど、誰でも行けます。今はまだ大量採用してますから。しかし新卒の給料はよくても、40才になってもほとんどあがりません… 製薬会社は会社や個人で差があるでしょうが、大手で売り上げもよければ年収800〜900万はもらえると思います。 薬学部は今は誰でも入れます。しかし実際に国試に合格することが大変です。私立に行くつもりなら、その大学の留年率と国試合格率も調べましょう。最近乱立した大学に入ると 入学したのはいいけれど、国試合格するのに何年も留年する可能性がありますよ。がんばって下さいね。

0

○病院(国家公務員の給与体系に準ずる自治体病院や公的病院) 給与 約20万円,賞与 約4か月 =20万円×(12+4)=320万円 これが基本となる額であり、さらに時間外手当や通勤手当、住宅手当といった諸手当が加算される。 手当ては職場や自身の環境により大きく異なるため、算出不能。 ちなみに、薬剤師として雇用されているため、薬剤師の資格手当はない。 民間の中小病院は施設次第なので、平均的に示すことは難しい。 一般的には、上記よりも低いことが多い。 ○薬局 企業により異なるのは当然であるが、地域による差が著しく、算出不能。 具体的な額が知りたければ、各社の募集要項から算出すること。 基本的に大都市ほど安く、地方(僻地といってもよい)ほど高い。 薬学部のない県で、若者が少なく交通が不便な街だと高い。 給与本体が少なく、薬剤師手当といった諸手当がやたら高いところがある。 これだと(給与本体から算出する)時間外手当は少なく、(給与本体が対象となる)昇給の幅も小さい。 初任給が良くても、そこから大して上がらないことが多く、生涯給与で見るとかなり安いことが多い。 ○製薬会社 企業や職種により大きく異なり、算出不能。 具体的な額が知りたければ、各社の募集要項から算出すること。 薬剤師免許が要らないため、他学部卒と横一線で競争となる。 前述のとおり、初任給と生涯給与に相関はない。 給与の上昇カーブはそれぞれであり、国家公務員の給与体系に順次た病院でも、事務職と医療職では異なる。 薬局のように手当てで「上げ底」した給与もあり、単純に額で比較すれば、真実を見誤る。 現実として、薬剤師免許を要する職の給与で、子供を私立大学薬学部に進ませることは容易でない。 もし、貴方が私立大学薬学部の学費を負担に思わない家庭で育ったのであれば、薬剤師免許を要する職に就けば生活水準は相当に下がることとなる。