ここから本文です

スピッツの「空も飛べるはず」で、PVのシングル?バージョンとアルバムバージョン...

mametarou1177さん

2014/4/3021:14:48

スピッツの「空も飛べるはず」で、PVのシングル?バージョンとアルバムバージョンではボーカルの草野さんの声が違って聞こえるのですが、なぜでしょうか?

いつもテレビでPV(シングルの音源でしょうか)が出るたびに「この曲だけいつものマサムネさんと声が違うなあ」と思っていました。でも、アルバムの方のバージョンを聞いたらいつものマサムネさんの声でした。。これは何か狙っての事なのでしょうか?分かる方いらっしゃったらお願いします。

閲覧数:
1,938
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yo_********さん

2014/4/3022:41:32

アルバムとシングルでは共同プロデューサーが違うからだと思います。
当時は共同プロデューサーとして
笹路正徳さんとレコーディングをしていましたが、
「空も飛べるはず」/「ベビーフェイス」、
次のシングル「青い車」/「猫になりたい」
の制作時は笹路さんとはスケジュールが合わず、
土方隆行さんとのプロデュースで制作されました。

その後のアルバム「空の飛び方」の制作は笹路さんと行われたため
「空も飛べるはず」はヴォーカルをリテイクとリミックス、
「ベビーフェイス」はアレンジとテンポを変えてリテイク、
「青い車」もリミックスされサビにハモりが加えられ、
3曲ともアルバムバージョンとして収録されています。
他の収録曲と雰囲気を合わせる必要もあったのでしょう。

「猫になりたい」のみかなり後に「花鳥風月」に収録されましたが、
こちらは企画盤のためか、
シングルで出た時のバージョンのまま収録されています。

質問した人からのコメント

2014/5/4 00:01:56

成功 なるほど!よく分かりました。どうもありがとうございます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる