ここから本文です

減価償却資産の固定資産税ですが よろしくお願いいたします。

ali********さん

2014/5/302:02:36

減価償却資産の固定資産税ですが
よろしくお願いいたします。

事業的規模ではない不動産の賃貸収入があり、
税務署へ青色申告または白色申告をする場合、

減価償却資産の届出を提出して
減価償却費に構築物(塀・駐車場)を算入したら
償却資産として
固定資産税はかかるのでしょうか。

それとも
事業ではないので減価償却費を算入しても関係ないのでしょうか。

補足説明不足ですみません。
事業の用に供する資産には固定資産税が課せられるとありますが、

賃貸住宅を所有(5棟10室基準未満)
対象物は土地・家屋以外の構築物(塀・駐車場)
建築費150万円以上
賃貸住宅に付属
申告は青色申告
その構築物の減価償却費を経費に算入。


この場合、事業的規模ではないため、(5棟10室基準未満)
償却資産(固定資産税)の課税対象とならないのでしょうか。

スミマセンよろしくお願い致します。

閲覧数:
713
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pop********さん

2014/5/418:49:59

事業的規模かどうかで取扱いが変わるのは、国税(所得税)の場合です。
固定資産税(償却資産)においては、規模にかかわらず事業のために使用する減価償却資産は申告対象です。
ただし、償却資産の固定資産税は評価額の合計が150万円(免税点)未満の場合は課税されません。事業といえどあまりに小規模の場合は結果的に課税されないようになっています。(免税点未満の場合でも申告は必要です)

賃貸住宅の場合は、駐車場(アスファルト舗装)、駐輪場、ごみ置場、門、塀、フェンス、看板、外灯、受電設備や給排水設備(屋外部分)などが申告対象です。

質問した人からのコメント

2014/5/6 22:28:41

そうだったのですね!
ありがとうございます。

お二人共ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

編集あり2014/5/417:22:12

固定資産税は既に支払っているでしょう。減価償却費とは関係は有りません。固定資産税は、貴方の住まいの地区の税金です。何処の県にお住まいのか分りませんが、県税事務所から納付書が来ます。
補足について
どう説明したら理解が出来るか思案に苦しむのですが、現在、固定資産税を支払っているものに、資本的投資をすると、その費用については金額が大きい場合は、青色申告の場合経費とする事はできないのです。その代わりに、減価償却資産として耐用年数に準じた年数で償却をする方法が出来るのです。簡単に説明すれば、50万円費用が掛かった、修繕費で50万円を一度に損金経費として処理が出来ないのです。損金経費にすると、今まで毎年70万円の利益が出ていたが、50万円建物か何かに資本的な支出をした為に20万円しか利益が出なかった事になってしまうからです。資本的支出は事業利益とは別にする税法上の規制があるからです。しかし、50万円分の建物の評価は上がりますから、固定資産税の評価額は上がる事になるのです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる