ここから本文です

浜岡原発、事故が起きたら86万人が死ぬ!? 逃げられない! 確実に南海トラフ...

blu********さん

2014/5/913:18:45

浜岡原発、事故が起きたら86万人が死ぬ!? 逃げられない!
確実に南海トラフの超巨大津波が襲ってくるというのに!
しかも、西風で関東首都圏4000万人も高濃度に被爆する。

安倍政権、原子力規制委員会、中部電力は、わざと国民を殺そうとしているのか?
わざと日本を破滅させようとしているのか?


『浜岡原発事故、避難に30時間超! 86万人が高濃度被ばく!』
しかもこのシミュレーションでは、
「入院患者や高齢者ら「災害弱者」への対応は考慮していない。」
「地震/津波による道路の損壊は想定していない。」


◆先進国基準では、住民が逃げられる避難計画が作れないなら、原発の稼働は許されない。
浜岡原発は、事故が起きたら逃げられない。

地震国の日本の原発は、世界一安全どころか、世界一危険! 日本国の命運はロシアンルーレット状態!

・原子炉は絶対に稼働してはいけない!
かつ、
・核燃料プールに対して、地震/津波で倒壊しないような最大級の補強
かつ、
・プール内の使用済み核燃料の乾式キャスクへの移動
を最優先で大至急進めるべきなのでは?



安倍政権、悠長に安全保障の議論をしている暇があるなら、まず足元の日本国破滅の危機を対策すべきなのではないか?



・・・

『浜岡原発事故、避難完了に30時間超 静岡県が想定発表』2014年4月24日

「静岡県は23日、南海トラフ巨大地震と津波が発生し、中部電力浜岡原発(静岡県御前崎市)で重大事故が起きたと想定した避難シミュレーションを発表した。避難指示後、原発から半径31キロ圏にいる86万人が避難し終わるまでに32~46時間かかるという。避難指示の18時間後に爆発した東京電力福島第一原発事故を重ねると、「一部住民が被曝(ひばく)する可能性が高い」としている。

県によると、地震と原発事故の複合災害を想定した本格的なシミュレーションは全国初。浜岡原発は南海トラフ地震の想定震源域に立地し、2011年に当時の菅直人首相の求めで運転を停止している。県は国による放射性物質の拡散予測を基に、避難計画の策定が必要な地域を原発から31キロ圏としている。対象地域の人口では全国の原発の中で2番目に多い。

シミュレーションでは、津波で沿岸部の道路が使えない中、1世帯あたり1台のマイカー計28万台で避難することを前提に、県による規制の有無など12のケースで避難指示から避難完了までの時間を試算した。

最短となったのは、規制がなく、86万人が一斉に避難を始めた場合の32時間25分。ところが、このケースでは大渋滞が生じ、屋内よりも被曝の危険が高い車での移動時間がすべてのケースで最長の30時間45分に達した。また、緊急時に直ちに避難する必要のある原発5キロ圏内の住民約5万人全員が31キロ圏外に出るのに、24時間15分を要した。

12ケースのうち避難完了時間の最長は46時間15分。車での移動時間が最短になるように地域を細かく割り、道路状況に応じて避難させる場合だった。車での移動は最長7時間55分で済むが、地域によっては屋内での待機時間が長くなり、全体の避難完了までに時間がかかった。

今回のシミュレーションでは、地震による道路の損壊は想定していない。入院患者や高齢者ら「災害弱者」への対応も考慮していない。考慮すれば、避難の時間はさらに延びるとみられる。」



・・・

◆細川/小泉元首相が多くの真実を暴露

①コスト;ランニングコストだけでも原発が一番高い
②電気代;電気代が高いのは原発のせい
③安全;再稼働すれば極めて危険
④核のゴミの捨て場所;岩盤に囲まれた十万年安全な場所は日本列島には無いだろう。これ以上ゴミを増やすな
⑤経済;原発を維持よりも即時ゼロの方が、日本経済は発展できる
⑥原発とは、イデオロギーを超えた命の問題であり、日本経済を衰退させる壮大な不正な既得権の問題



◆原発ゼロでも、今現在、全国で電力はあり余っている。
最も高い燃料費を使う設備の設備利用率はすでに大きく減少した。(2013.12.)
・原発(4800万kW)=0%(ものすごく高い。MOX燃料は石油の何十倍も高い)
・揚水発電(2600万kW)=0.9%(すごく高い。石油の何倍も高い)
・石油火力(4600万kW)=30%(化石燃料で最も高い)

これらはすでにほとんどが休止して稼働していない。
これらは全て廃止すべき巨大な無駄な設備。
原発を稼働しなければ、火力の更新/転換が民間資金で一気に進み、早晩廃止できる。
無駄な設備を廃止するだけで電気代は半額になるのでは?




シミュレーション,浜岡原発,南海トラフ,中部電力,電気代,エネルギー資源,発電所

閲覧数:
1,173
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mag********さん

2014/5/915:03:37

手っ取り早いのは「電力完全自由化」でしょうね。
反原発団体が「環境問題を考慮した安定的な電力供給の出来る発電所」を建設・電力売却出来るように成れば既存電力会社は収支に合わない発電所を破棄または改良しますので貴殿の提案の実現に近づくでしょう。

もっとも、その発電所が非常に高い価格で売電した場合は競争原理が働かないので高い電気料金か原発存続かに成りますがね。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

zer********さん

2014/5/913:36:08

石炭もLNGも輸入だからね
自国でエネルギー資源を安定的に埋蔵量採掘量残存量が確保できない日本にとってはあらゆるエネルギー資源依存率は低く分散させとかないと危険なんだよ。もちろん原発もそのひとつ。
理想は10くらいのエネルギー資源に各5~15%くらいで分散してればあらゆる資源枯渇や国際問題に柔軟に対応できる。だから原発もその1ソースとして価値を認められて加えられているんだよ。
いくつもの発電手段が確立されて何かあってもほかで充分カバーできるならともかく、今は全廃なんて早すぎるね。浜岡と福井は危険度が高いから回避したいが全ての原発立地の危険度には差があるので比較的安全な拠点は再稼働、その他は移設ないし解体が妥当。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる