ここから本文です

集団自衛権の問題ですが、現場の自衛官に国会の決議とか総理大臣の判断だとかナン...

韓国、中国とは付き合うな!さん

2014/5/1221:51:06

集団自衛権の問題ですが、現場の自衛官に国会の決議とか総理大臣の判断だとかナンセンスですよね。生きるか死ぬかの瀬戸際にそんな悠著なこと言ってる場合じゃないでしょ。アメリカとは同盟国なんだからアメリカが

攻撃されたら応戦するしかないと思いませんか?私が自衛官で砲撃主なら制止されても反撃しますよ。どんな罰をくらってもそれが常識だと思っています。

閲覧数:
58
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

i_s********さん

2014/5/1222:40:55

外交問題ですから、自衛官にそれを判断する権限はありません。

罰を受ければそれでいいと言う問題でもないです。
個人が勝手な行動を行えば、組織全体を危険に曝してしまいます。

もしもの時には、罰では償えない状況になっている可能性があります。



常に最適の選択を行う事は難しいく、不可能と言ってもいい位です。
ですから、貴方個人の判断が最適だとは限りません。

最適とは限らない上に、判断する権限もなく正当性がないのに、どうして支持できると言うのですか?

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2014/5/1607:46:54

そういう時でも勝手に反撃はしません。

現役自衛官が言うには、わざと当たりに行って、攻撃を受けたという既成事実を作ってから反撃するそうです。

tam********さん

2014/5/1223:00:11

集団的自衛権はいろいろなケースを想定して慎重に考えなければいけない問題だと思います。例えば日本近海で自衛隊と米軍が一緒に行動しているときに米軍が攻撃を受けた場合などは質問者さんの言うように自衛隊も反撃するのが当然のように思えます。しかし一方でアメリカがアフガニスタンに派兵したときのような場合はどうでしょうか。9.11をきっかけに「テロとの戦い」を掲げて派兵しましたが、集団的自衛権がすべて認められれば、政府または国会の意向で自衛隊も戦闘に参加する事が出来るようになるということでしょうか。もしそうであるなら日本の平和主義は揺らぎかねません。故に集団的自衛権の問題は現場の事情を考慮するのとは別に政治的な観点からも議論を重ねなければいけないと考えます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる