生活保護費でパチンコなどのギャンブルはしてはいけないのでしょうか?心情的には生活のお金なのにそんなことにつかうなんて許せないですが、法的にはどうなのでしょうか?

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

6

6人がナイス!しています

その他の回答(5件)

0

問題ありません。天下りがキャバクラで豪遊してるのに言えるわけありませんw 離婚して養育費を貰っていても子供に遣わず、元妻が美容院や欲しいものを買っても問題ないんやよ。

2

別にしてもいいですよ。そのかわり生活出来るならね。 支給日に貰って全額負けた馬鹿などいるみたいですがその場合の役所の対応が気になりますね。 生活保護は借金出来ませんしその月の分は支給してます。 パチンコで負けて無一文の生活保護者はどうしてるのか気になりますね。 だいたいギャンブルは依存症で病気です。 生活保護は医療費は無料と言われてますがすべてが無料ではありません。 ギャンブル依存症を病気と認めないケースが多いです。

2人がナイス!しています

1

いけなく無いとは思うよ 儲けた時に申告をするならね だが心情としては誉められたもんじゃないし 病気にしろ、単純な引きこもりにしろ 仕事の為の行動力は無いのに 遊びにだけはスキップして出かける パワーは信じがたい 僕の中では生活力が有っての娯楽なんだけどな

1人がナイス!しています

0

保護者のパチンコを監視しろという条例があったな。 制定事由は伝聞証拠だとか。 結局機能しないただの市長の売名行為だとも言われてる。 また弱者いたぶる弱い者いじめ好きな国民性の表れだろ。 強きに媚びへつらい弱きをいたぶる島国のさる。

0

そもそも、具体的にどういう目的に お金を使うのかは法律で規定する ところではありません。