ここから本文です

(民事訴訟) 簡易裁判所の事案では、どういう場合に「証人尋問・当事者尋問」が行...

mai********さん

2014/5/3114:22:10

(民事訴訟) 簡易裁判所の事案では、どういう場合に「証人尋問・当事者尋問」が行われますか?過去に10案件くらいやっていますが、証人尋問をしてもらったためしがありません! 準備書面で主張を出し切って、

書証を提出し、尋問事項も正本副本用意しているのに、陳述書をだして結審って、どういうことですか? そもそも、陳述書の内容を補完する目的で、「証人尋問・当事者尋問」が行われるのではないのですか?

補足本邦は、いつから「2審制」をとっているのですか。

閲覧数:
366
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

eol********さん

2014/6/211:44:52

それを略式としてやらないから「簡易」裁判なんだろ。
ちゃんとやってほしいなら正式に通常の裁判として訴訟しろと
それだけのこと。
もし簡易裁判でどちらかに不満があってそのまま控訴して通常の地方裁判になった場合
そのときに各種書面を引き継ぐために作成してるだけのこと。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる