ドルトムント 10-11シーズンユニフォームの選手支給品か否かの見分け方 香川真司が移籍して初年度の正規品ユニフォームを オークションで入手しました。 ホーム長袖、サイズはMです。 サプ

ドルトムント 10-11シーズンユニフォームの選手支給品か否かの見分け方 香川真司が移籍して初年度の正規品ユニフォームを オークションで入手しました。 ホーム長袖、サイズはMです。 サプ ライヤーはkappaです。 このシーズンのレプリカと支給品の見分け方をご教示下さい。 5桁の腰タグコードは27745です。 ちなみにシュメルツァーの10-11のアウェイ選手支給品の コードが27714のようです。 よろしくお願いします。

画像

サッカー491閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

私はドルトムント支給品は持ってませんがドルトムントの支給品はメーカーが違っても下記の2点が大原則です。タグコードは参考にはなりますが過信しないほうが良いです。(ミランの100周年の選手支給品はタグコード番号がバラバラだったようです。) ①エンブレムがラバー(レプリカはワッペン縫付け) ➁胸と両袖のロゴがラバー(レプリカは刺繍)

その他の回答(1件)

0

これはバルセロナの見分け方なのでドルトムントに適応できるかどうかはわかりませんが、バルセロナの場合、クラブスポンサーのワッペンがシールならば選手支給品、ワッペンがミシンで丁寧に縫われていたらレプリカでした。 一般的に選手支給品よりもレプリカの方がしっかりした耐久性があります。