ここから本文です

議員定数不均衡について! 議員定数不均衡は、憲法に定められているどのよう...

xxx********さん

2014/6/210:00:55

議員定数不均衡について!


議員定数不均衡は、憲法に定められているどのような条文との関係で問題になっているのですか?

補足ありがとうございます。
あともうひとつあります。

日本は三審制を採っていますが、控訴をすっ飛ばして上告に行くことはできますか?そのような例外はありませんか?

閲覧数:
108
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tom********さん

編集あり2014/6/217:54:41

議員定数の不均衡とは、有権者一人ひとりの持つ票の「価値」が、地方ごとに差が生じていて、その差が社会的に無視できないほど大きくなっている状態です。 ... 日本国憲法14条1項他)に反することになるので、憲法上の問題になります。

従って「 第14条 すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。」
・・・となっている。

<追申>
可能だと思います。・・・上告審として受理することを求める申立てが必要です。(民事訴訟法318条1項)。なお、申立ての理由中に重要でないと認めるものはこれを排除される(同条3項)。
従って三審制を無視し上告に行くにはそれだけの※理由が必要に成ります。
日本の裁判で三審制を無視し上告に行った事は私は知りませんが???ゴメンなさい。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる