ここから本文です

David bowieファンの皆さんに質問です。

cel********さん

2014/6/822:40:46

David bowieファンの皆さんに質問です。

アルバム「ジギー・スターダスト」と「レッツ・ダンス」どちらが好きですか?
また一番好きなアルバム、おすすめのアルバムは何ですか

私はまだこの二つしか聞いていない新参ですが「ジギー・スターダスト」のほうが好きです。

閲覧数:
225
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

zep********さん

2014/6/823:13:08

私も断然「ジギー」です。
一番のお勧めは「ステイション・トゥ・ステイション」です。
アルバム「ヒーローズ」が出たときの武道館のコンサートに行きました。
このときのハイライトが「ステイション・トゥ・ステイション」です。
映画「戦場のメリークリスマス」でメジャーになった以降興味がうせてしまいました。
ジギースターダスト~ヒーローズまで、音楽を3回変性させましたが、どれもレベルの高いアルバムだと思います。
ジギーの路線だと「アラジン・セイン」か「ダイアモンドの犬」が特にお勧めです。

質問した人からのコメント

2014/6/15 12:22:19

感謝 皆さん回答ありがとうございました
デヴィッドボウイの世界に浸りたいと思います

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

shu********さん

2014/6/1002:05:36

ジギースターダストのロックにおける役割は、メチャクチャ大きいです。
下記の時系列を理解頂きつつ、アルバムを聴いてみてください。
個人的にお勧めは下記のじゅんつだす。
Ziggy Stardust
Alladin Sane
Station To Station
Low
Scary Monsters
The Next Day
Let's Dance
Black Tie White Noise
Reality

曲のリンクはすでに見られないかも。

●1964~1968
アルバム David Bowie
デビューしたものの、なかず飛ばず。モッズやビートルズ系など色々試す。パントマイムと出会うのもこの時期。
デビュー作 Liza Jane
●1969~1970
アルバム Space Oddity
Space Oddityの初ヒット。ボブディランに影響されたアルバムを作成。
Space Oddity
●1971~1974
アルバム The Man Who Sold The World
Hunky Dory
Ziggy Stardust
Alladin Sane
Pinups
Diamond Dogs
ミックロンソンと出会い、中性的な衣装のライブ展開。1972年にZiggyStardustでT-Rexとともにグラムロックスターに。かなりハードかつメロディアスなサウンドで、第1期黄金時代と言える。この時期は、全世界のミュージシャンに多大な影響を与える。
●1975~1976
アルバム Young Americans
Station To Station
ソウル・ファンクミュージックに傾倒し、ソウルトレインにも出演。グラム時代と大きく変貌。Fameは初USANo1。

●1977~1979
アルバム Low
Heroes
Lodger
ベルリン3部作を発表。グラム時代に次ぐ第2期黄金時代。ブライアンイーノと組んだこの時期にデジタルとロックの融合で高い評価を得た。ニューウエーブに大きな影響を与えている。グラム・ソウル期から大きく変化しファンや批評家は大いに戸惑うも、現在では非常に評価が高い時代。


●1980~1982
アルバム Scary Monsters
Space Oddityで神格化されたトム大佐をジャンキーとして過去を葬り去ったAshesToAshesを発表。この時期、演劇や映画に力を入れた(戦争のメリークリスマス)
●1983~1987
アルバム Let's Dance
Tonight
Never Let Me Down
Let'sDanceの大ヒットでポップスターとして君臨した時代。「時代がボウイに追いついた」は名キャッチコピー。従来のカルトスターだった時期のファンは、この時期に批判的。ポップな曲が多くなり、Let'sDance以降はだんだん低迷期に入る。

●1991~1992
アルバム Tin Machine Ⅰ
Tin Machine Ⅱ
ティンマシーンとしてバンド活動。原点的なロックを展開。
●1993~2002
アルバム Black Tie White Noise
Outside
Eathling
Hours
Heathen
Reality
The Next Day
6年ぶりのソロ作品からコンスタントにアルバム発表。再び精力的な活動に80年代後半の低迷期からの脱却。デジタルジャズファンク・ダークサウンド・クラブミュージック・ボーカル作品・70年代回帰・パワフルサウンドと様々な展開にBowieの本領発揮しており、再び黄金期を迎えたと感じるファンも多い。

myc********さん

2014/6/900:29:44

「ジギー・スターダスト」と「レッツ・ダンス」ならジギーです。

1番のお気に入りは1stアルバムと90年代以降の電子音楽に傾倒してからのアルバム達。
だからオススメは「BLACK TIE WHITE NOISE」。
あと時代が前になるけど「ロウ」も。(←これらは好みが分かれるチョイスかも)

今ではほとんどボウイの思い付きの活動のようになってしまったTIN MACHINE名義の2ndアルバムや映画のサントラ提供曲もなかなかいい。
映画「UNDER WORLD」のサントラ盤、自身も出演した映画「ラビリンス」のサントラ盤等。

eve********さん

2014/6/900:13:13

ジギーが好きなら前後を聴いてみて。
どっちも気に入ったらさらに前後を。
色々変容した方だから、こういう聴き方ありかも。

わたしはデビュー~ダイヤモンドの犬迄はCD買い直しました。
アナログはロジャー迄。
グラム期のボウイが好きなんです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる