成瀬巳喜男監督作品にハマっています。

成瀬巳喜男監督作品にハマっています。 小津安二郎監督の映画には、善人ばかり出てくるのに対し、成瀬作品には底辺の人間も登場してきて、よくよく見てみると主人公が底辺だったりしますね。 同じく成瀬作品がお好きな方にお聞きしたいのですが、あなたが選ぶ作品ベスト3を教えてください。 私は ・めし ・流れる ・女が階段を上る時 です。

補足

皆さんがおっしゃるように、高峰秀子さんは本当に素晴らしい女優さんですね。 「浮雲」では、可憐な感じのOLから日陰の身に転じ、進駐軍の女に成り下がってタバコを吸うシーンなんて、同一人物とは思えないほど変貌した様子を演じ、その後のインチキ宗教の女将に転じた時の品格たるは、高峰さんの演技力一つにかかっていますわ。別の質問で黒澤談義を致しましょう!

映画218閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

1

①「あらくれ」 ②「放浪記」 ③「山の音」 自分もやはり、高峰秀子が主演の作品が好きですね。 …運命に翻弄される不幸な女性を描くのが好き、という点では、成瀬は溝口謙二などとも共通してると思うのですが、成瀬作品のヒロインは、ただ不幸な運命にあまんじている溝口作品のヒロインとは違い、ある意味、とてもしたたかに、とてもたくましく生きぬいているのが最大の魅力であるように思います。 それに、高峰秀子演じるヒロインが、どの作品もとても逞しく輝いて見えるのとは対照的に、出てくる男どもは、どいつもこいつも本当に不甲斐なくてだらしがない…(笑) 生活力がないくせにプライドばかり高かったり、優柔不断にダラダラと不倫を続けるようなダメ男ばかりだという点が実に印象的です…。 これは、成瀬映画の脚本が、水木洋子などの女性の脚本家が多かった事とも深く関係していると思うのですが、このような“あくまでも女性の視点から見た世界”を徹底して描き続けたところが、終始“男性的”な映画作家だった黒澤明などと決定的に違う成瀬の特色だという気がします。

1人がナイス!しています

黒澤映画の男性的な進行の中でも「我が青春に悔いなし」の原節子さんの情熱的な一途な女性を描いていますが、たしかにあれは男性からの理想を絡めた視点なのですね。その点、成瀬作品は、完全に女性視線から男を見ているのが痛快なのですね。

その他の回答(2件)

2

成瀬監督作品、私のベスト3は 1位 乱れる 2位 放浪記 、浮雲 3位 ひき逃げ どれも高峰秀子さんが主演です。 このほかにもたくさん大好きな作品があります。

2人がナイス!しています

2位の放浪記の高峰さん、野暮ったい貧乏な作家のキャラが圧巻過ぎて、最初のシーンで高峰さんか別の女優さんかの識別ができないほどでした。銀座カンカン娘に出てくる彼女と同一人物とは思えないほどの地味な印象ですね。ひき逃げを未だ観ていないので、観てみたいと思います。ありがとうございました。

1

全作品は観きれていませんが、 「稲妻」 「山の音」 「流れる」 です(*´∇`*) 成瀬巳喜男作品と言ったら、やっぱり高峰秀子が素晴らしいですね☆彡 もちろん、素敵な役者さんはほかにもたくさんいらっしゃいますが。

1人がナイス!しています

仲代達矢さん、仲谷昇さんなど、上原謙さんなどの二枚目スターの若い頃を観るのも楽しみの一つです。 高峰さんの演技は言うまでもないですが、脇役の中北千枝子さんも素晴らしい。流れるでは、ぐうたらママがどハマリかと思いきや、娘・妻・母では信託勧誘レディのやり手役でこれもまたどハマリでした。 回答ありがとうございました。