ここから本文です

新城補佐官って、どうして急に所轄に配慮する人になっちゃったんでしょう??

pek********さん

2007/10/1522:20:15

新城補佐官って、どうして急に所轄に配慮する人になっちゃったんでしょう??

THE MOVIEの最後あたりで気が変わったような雰囲気がありますが、それまでの態度に比べてあまりに急すぎるような気がするんですが・・・

閲覧数:
1,305
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cli********さん

編集あり2007/10/1609:11:22

東北大学出身の室井とは違い、東大出身の新城はそれだけでトップへの有利なレールが引かれています。それもあってか当初は出世することが最終目的のがちがちの官僚主義の権化のように描かれていたのに、MOVIEのラストでは「捜査官の命はどうでもいいのか・・。」と、現場捜査官擁護とも言える悲痛な叫びを上げていましたよね。
おそらく、実際に現場に触れ、室井や青島の関係を観察するうちに、わずかながらも官僚主義制度の矛盾に何となく開眼していったのでしょうか?
あるいは能率の権化たる切れ者なので、現場捜査員を敵に回すのは得策でないと打算的に悟ったのかもしれません。いずれにせよ現場を経験するうちに成長したのでしょう。でもその過程は全く描かれていませんでしたね。最も新城主体のドラマではないから、それもさもありなん。その辺は観客が補足するしかないのでしょう。

もともと、過剰に感情表現をしない室井の人間味を引き立たせるために投入されたキャラクターであり、(恩田捜査官曰く)初号機よりパワーアップした弐号機というわかりやすい設定ですから、首尾一貫して悪者キャラクターでいけばよかったものの、そこはシリーズものの悲しさで、どんなキャラクターにも人気が出て愛着が湧いてしまうので、製作者側もはっきりと悪者にするわけにはいかなくなったのかもしれません。
そのおかげでシリーズ2作目には女性捜査官の新たなる敵が現れ、新城捜査官は調整役とフォローする立場に回っていたました。

ただ、解説本などを見ると、MOVIEで「捜査官の命はどうでもいいのか!」と叫んだのは、円卓の閣僚がすべて立ち去っていった後であるので、その辺は(閣僚に聞かれないように配慮した)新城の計算であったと言う見方が強いようですし(笑)。
2で常に閣僚との調整を行う橋渡し的な役割を担っていたのも、自分を印象付けるためであったとする見方もあるようです。

質問した人からのコメント

2007/10/16 20:25:42

降参 なるほどぉ~。。 新城補佐官の計算し尽くされた演技ですか・・・ 現場も味方につけたほうが、よりスムーズに出世ができると考えたのでしょうか。
でも、容疑者室井慎次でも「室井さんは警察に必要な人だ!」って助けるあたり、本当に改心したのかと思っていました。。。
二号機に続き登場した沖田管理官は、キャリア官僚の詰めの甘さが目立つ量産型・・・と言ったところでしょうか。。。

Yahoo!知恵袋 特別企画

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる