ここから本文です

購入したい不動産に仮差押の登記がされています。購入する場合の注意点は何ですか?

takiko_shimizuさん

2007/10/1522:27:45

購入したい不動産に仮差押の登記がされています。購入する場合の注意点は何ですか?

閲覧数:
4,871
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tengoku_modeさん

編集あり2007/10/1600:22:29

仮差押が確実に取り下げられることを確認してから、代金決済しましょう。
手順的には、担保付きの不動産を購入する場合とほぼ同じですが、手付金無しで一括決済が望ましいでしょう。
取り下げが決済と同時になる場合は、裁判所へ提出する取下書を債権者から交付することになります。
仮差押登記の抹消は、裁判所からの嘱託登記によって行われます。

債権者が本差押しても、債権者の所有にはなりませんよ。
競売された後、落札者の所有になります。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kenchiku2007さん

編集あり2007/10/1623:28:34

仮差押の登記が外れない限り購入しないことです。
仮差押は裁判所が、「土地の所有者へお金を貸した人」の債権を保証するために
仮に登記したもので、要は担保物権になっています。
よく事業者が、お金を借りるのに銀行へ担保として土地を提供します。
このときに抵当権を設定しますが、お金を借りた事業者が、お金を返せなくなると、
銀行が仮登記をして、元本の保証をするものです。
おそらく、その土地は現在そのような状況におかれています。

所有権の移転をすることは可能ですので、土地の売買は成立しますが、
仮に銀行などの債権者が、本差し押さえをすると、
その土地の所有権は、債権者である「土地の所有者へお金を貸した人」:つまりこの例では銀行のものになります。
あなたは、その土地の所有者であることを法律上主張できません。
もしくは、その土地を銀行にとられたくなければ、あなたが債権者(ここでは銀行)へお金を新たに支払うことになります。
つまり、所有者にお金を払っても、仮差し押さえを解除しなければ、もう一度別の人へお金を支払う可能性があります。
購入したいのであれば、仮差押の登記を外すことを条件にすることですね。
あと、ご自身で司法書士の先生に頼んで、専門的なことを聞いておくこと、売買時に仮差押の抹消を確認してもらうこと
をお勧めします。

他の回答内容に齟齬がありますので発足します。下記内容をご参照ください。
http://www.iewokau.com/yogo/fword9.htm
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%AE%E5%B7%AE%E6%8A%BC%E3%81%88
を参考にしてください。
仮差押のある物件を購入して、仮差押を外してもらわない場合、
後に本差押さえが起これば、競売などにより所有権者は、所有権を失います。
民法は一般的な常識で解釈すればいいのですが、もしお金を貸した人が抵当権による資金回収を仮差押により
確実にした場合に、第3者に対して対抗できないのであれば、仮差押を起こしても売買はできるのですから、
お金を貸した人が仮差押をする利点はありませんし、仮差押をした物件を第3者に売れば、債務自体消えてしまうことになり、
結果的に犯罪を助長することになります。
仮差押は購入者に対して、強制売却の恐れがあることを開示し、それでもいいのならば購入しなさいという注意喚起のために行われている法的手続きです。
第三者に対抗できないのは、詐欺などにより購入者が、実際の所有者でない人から不動産をだまされて購入してしまった場合です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。