ここから本文です

 朝・昼・夜の由来

pon********さん

2007/10/1523:41:00

朝・昼・夜の由来

 朝・昼・夜というのがありますが

 なぜそのように呼ばれるようになったのでしょうか?

閲覧数:
3,893
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

chi********さん

2007/10/1600:10:58

【朝】夜明け時のことを古くは「アケシダ(明け時)」と言い、この「アケシダ」の「ケ」が脱落して「アシタ」になり、
 さらに変化して「アサ」になったようです。

【昼】古代において「ル」というのは、「状態」を表す語だったそうで、「日(ヒ)(=太陽)」がある状態という意味で
 「ヒル」と言うようになったようです。

【夜】昼と同様に「ル」は状態。「ヨ」は、「他の」とか「停止」を表す語だったそうで、「他の状態(昼でない状態)」
 や「活動が停止している状態」ということから「ヨル」になったようです。

参考→http://www11.ocn.ne.jp/~jin/GOG-3.htm

質問した人からのコメント

2007/10/17 22:19:08

ありがとうございました

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる