ここから本文です

ガンダムが海外で人気がないと最近聞いたのですが、現実、どう人気がないのか知り...

ais********さん

2014/6/3011:08:11

ガンダムが海外で人気がないと最近聞いたのですが、現実、どう人気がないのか知りたいです。どなたか知りませんか?お願いします。

閲覧数:
22,455
回答数:
5
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gui********さん

2014/7/107:53:12

既にあったお答えと一部重なりますが…

海外でも一部では広く知られています。が、香港・台湾・韓国・中国
や東南アジアなど、アジア圏限定です。特に香港や台湾あたりでは、
正規版海賊版共に、DVDや書籍、プラモ、フィギュア類を求める
ファンが多数おり、イベントも開かれるそうです。まぁ、本家日本
ほどの浸透や知名度は無論無い様ですが、向こうにもいるマニアや
オタクには人気、と言うレベル。

そうした地域では、お約束の海賊版ガンプラも多く、また香港など
には、本家バンダイでも未発売のMSを、マニア向けプラキット化
して製造販売する違法な版元すらあります。その出来は実は大変な
水準で、法律違反を承知で購入する日本人も絶えません。

また最近では、国内では惨憺たる不評だった「AGE」を、大陸の
中国圏にほぼリアルタイムで番組配信と玩具展開を仕掛ける…と
いう手で、それなりの好評を博したとか。また、「SD三国伝」は、
題材的にむしろ中華圏の方が好評だったなんて話も。海外の方が
人気と言う逆転なわけで。

では欧米圏では…。
アメリカでは、'98年にまず「劇場第一作」「0080」「0083」が
VHSの吹替版でバンダイにより発売されました。が、後者二つは
良い翻訳だったものの、肝心の劇場第一作は酷い出来だったそうで。
「ジオンのザク」は「ロボトン・インベーダー軍団」(笑)にされ、
原版には無い「フェイザー砲」だの「トラクタービーム」だのと
いった用語を、勝手にスタートレック等からパクったヒドい吹替え
だったのです。
結果、最初の挑戦は失敗しました。

やがて'00年。日本製アニメが以前に無く海外進出を図る中で、再び
バンダイが北米市場に挑み、ガンダムWがワーナー系のCATVで放映
されました。こちらはそれなりの好評を得たそうです。長々とした
宇宙世紀サーガと切り離された内容ですし、美少年が多数出ますか
ら、ライト層にも受け玩具も良く売れたとか。

それに気をよくしたバンダイが、'01に満を持して北米圏へ売り込ん
だ初代ガンダムはと言うと…
惨敗。言っちゃなんですが70年代の作品ですから、今風の日本製
アニメに比べ絵は明らかに見劣りするし、「暗い」「シリアス過ぎ」
といった不評が多かったとか。

結局、上記の初代ガンダムの放送は、同年の9.11テロ直後に話数
半ばで中止されました。「戦争が題材で不謹慎である」と。ところ
が、その直後に同チャンネルで、テロリストが主人公である「W」
の再放送が始まってまして。要は初代なんかよりWを、という
あからさまな結果だったのです。
二度目の挑戦も失敗でした。

その後'02に同局でGガンダムも放映されました。失敗に懲りたか、
ああした単純で分かりやすい内容の作品を選んだのです。まぁそこ
そこウケはしましたが、やはりWの人気の方がずっと上でした。
なので北米圏に限って言うと、「ガンダム」と言えば「W」なの
だそうで。しかも、日本などの様な浸透・定着ぶりとは遠い。

欧米圏にも確かに初代ガンダムのマニアはいます。ハリウッド映画
とかアニメとかゲームなんかに、明らかにガンダム系の影響が見て
取れるものが散見される。が、所詮は少数。
ガンダム、特にファーストは、子供の頃からスーパーロボットTV
まんが(アニメ、なんてシャラくさいモノじゃありません)を浴びる
様に見て来た当時の日本の客層が、従来の同ジャンルを超えるその
内容や描写に魅せられた…という経緯があってこそ、あれほどの
人気を得たのです。過去の歴史的な「文脈」と言ったものがあって
こそなのです。
アジア圏でも日本製ロボット物は正規版海賊版取り混ぜて盛んで
したから、上記の様な地域差はそれで説明出来るかと。西洋圏で
の人気を期待するのは、無理があるのです。

それに、元々あの手の「巨大な人間型機械」という物、ひいては
主人公像、といったものの、東と西での文化・精神的背景の違い
は大きい。西洋キリスト教圏でああした巨大な人形機械と言うの
は、要はモンスター扱いです。神に逆らう、アンチキリストと
しての魔物、怪物。
キリスト・ユダヤ教はじめ西洋的世界観では、人間は神の似姿で
作られ、この世を託された万物の霊長。全ての動物や人工物の上
に君臨する存在です。「ヒューマニズム=人間第一主義」という
一見麗しい語の、本当の出自は実はこれでして。ヒトとそれ以外
とを厳然と峻別する思想が、西洋人の精神の根底にある。

そんな人間が、人間のまがい物であるモンスターを機械で作って
働かすなど、とんでもない。人がモンスターを機械でこしらえ
ようなど、神の摂理に歯向かうバチ当たりな行為…と、西洋人の
精神社会背景的にはこういう事になるのです。

なので、操縦型の巨大人型メカが「好ましいもの」「子供の
ヒーロー」といった切り口で出てくる西洋の作品は、基本的には
あまり無い。スターウォーズなどの等身大ロボット達は、あれは
つまり人以下の「下僕」扱いですし、同作のスノーウォーカー
や、マトリックスの機銃ロボなどは、完全な乗り物、器具。
トランスフォーマーやアイアンジャイアントなどは、「モンスター
ながら、人に準じた魂を持った存在」として描かれています。
人外の「劇中人物」を出す口実として、「あれはメカニックで
あるという事にしてある」、という程度。
最近作の「パシフィック・リム」は、各国別に作ったヒミツ兵器
という設定で、確かに和製巨大ロボに近いですが、あくまで単なる
「スんゴい乗り物」。超自然の超科学パワーとか、人々や劇中
キャラたちの精神的象徴とかそういった扱いとは違う。そもそも
パシ〜は、本国アメリカでは余りウケなかったのが現実で。出資
もした中国ではバカ受けしたお陰で、続編もスピンオフのTV版も
製作が決定したというのが興味深い。
ターミネーター4に出てきた人さらい用の巨大人型自律ロボ、
あのへんが西洋人の抱く巨大人型ロボなるもののイメージの、
一面の典型例と言えるでしょう。神話の恐ろしい巨人族まんま。

ですので、その「器具」に過ぎんモノがガンダムみたく華麗に
見栄を切って、劇中人物たちの羨望と声援を受けヒーロー然と
扱われる…と言う構図自体が、西洋人には理解しにくい。和製
巨大ロボとは、乗っている人物の身体と自我の「延長」としての
いわば「巨大な甲冑」という面があります。単なる「乗り物」
を越えた、精神的意味合いが大きい。
が、そういう事なら、だったら「器具」で良いじゃん、何で
あんなハデハデな甲冑騎士みたいな見てくれと、カブキみたいな
見栄切りをせにゃならん?という合理思考が先に立つのが西洋人。
向こうの人達に、擬人化されたああした機械を、「道具」「兵器」
ですと言って提示しても笑われてしまうのです。

ガンダムのロボットたちは、設定上は兵器だ量産品だと言っても、
やはりその本質はケレン味たっぷりのスーパーロボットです。
血の通ったキャラクター、としての存在を「兵器」「道具」と
敢えて“貶めて”提示してみせる事それ自体が、屈折したある種の
逆説的なアピールになった。だからこそ、ガンダム以降の「リアル
ロボ」というジャンルが出来上がったわけで。
そうした「作法」の素地が無い海外、特に欧米では、ガンダムの
ロボット類はどうしても単に「こんなハデなくせ『兵器』ぃ?」
「どこが『リアル』だよ」といった形で拒絶反応が先に立って
しまうのです。

既にあったお答えと一部重なりますが…

海外でも一部では広く知られています。が、香港・台湾・韓国・中国...

質問した人からのコメント

2014/7/7 11:16:28

成功 とても詳しい回答をありがとうございます。なるほど、西洋と東洋の宗教と文化の違いが背景にあるわけですね。ガンダムには歌舞伎の要素もあると理解しました。ロボットと歌舞伎とは日本的ですね。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

max********さん

2014/6/3020:26:49

中国や韓国は丸パクりしてますが

アメリカ等は、リアル志向が好まれるので素人の主人公がガンダム動かす事に違和感を感じるだと思います
だから、軍人が主役とかゴロツキが主役とかアメリカでの受けはそっちの方が受ける

又、人型である意味も良く分からないと思います。

アメリカの人の見方だとスタートレックやスターウォーズ等

SF作品は昔からあるのでそれのパクりだと言う人もいるってこんな感じです

wor********さん

2014/6/3012:06:31

人気がない訳ではありませんが、日本ほど熱狂的なファンがいる訳でもないって感じです。
海外にガンダムが輸出されたのは日本で人気が出てから大分経ってからで、初めて海外で放送されたのはガンダムWでした。そのため、海外ではガンダム=ガンダムWを連想する人が多く、W自体はある程度人気がありますが、ファーストガンダム等の宇宙世紀作品はあまり知名度がないんです。
それから、中国などではガンダムSEEDが、ネットが普及して違法にアップしたアニメ動画を見るようになった時期に放送されていたので、SEEDの知名度はありますし、それ以降のガンダムの知名度もそこそこありますが、SEED以前のガンダムはほとんど知られていません。

つまり、海外でもガンダムの人気がない訳ではないんですが、人気があるのは特定の作品だけで、日本のように「ガンダムシリーズ」という括りで人気がある訳じゃないんです。

jit********さん

2014/6/3011:59:41

以前、妹の友人の彼氏(アメリカ人)にこう聞かれました。

「なぜ、兵器が人型である必要があるんだ?」。

uza********さん

2014/6/3011:21:08

ロボットに乗って戦うことにメリットが無く、合理的ではないからでしょう。押井守るもそう言っています。
アメリカ人は日本人よりも合理主義、実利性を重んじるので。
ミノフスキー粒子がなんたらという後付設定も聞く耳持たないということです。日本人でも不可解に思われるし。
庵野秀明はマジンガーZは色々とおかしいがガンダムはリアルでロボットものの革命だったと評していますが、アメリカ人から見たらどっちも同じなんでしょうね。
トランスフォーマーはヒットしましたが、あれはああいう宇宙人だという設定がわかりやすいからでしょう。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる