ここから本文です

漢方における『腎』と、『お酒』の関係を教えてください。 お酒は、腎にどの...

jfm********さん

2014/7/2822:38:25

漢方における『腎』と、『お酒』の関係を教えてください。


お酒は、腎にどのように作用しますか?
良いですか?悪いですか?
具体的に、お酒の量がどれほどが目安になりますか。


方、腰と生殖器を壊してしまい、現在ラジウム泉で2週間の湯治中です。

お酒が大好きなので、米焼酎の水割りをペットボトルで持ち込んで、ちびちび飲んで、湯にひたっております。

ちなみに、処方されている漢方薬は、

『八味丸』
『桂枝加竜骨牡蛎湯』

の、2種類です。

閲覧数:
436
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mowsukeさん

2014/7/2910:02:37

漢方中医学的には五臓の腎は身体全体の水を統括し、発育や生殖を主り、陰陽(身体を温めたり冷やしたりする)の源を蔵するなどいろいろな役割があります。(これらか書くことは、漢方中医学的の専門用語が多く出てきますので、もし気になるようであればお手数ですが他のサイトなどでご確認ください)

ご自身の服用されている八味地黄丸は腎の温める力(陽気という)が弱った状態(腎陽虚という、ただし正確には腎陰陽両虚に対する方剤)に使用される方剤で、桂枝加竜骨牡蛎湯は腎の気(身体のいろいろな機能を動かすエネルギー)が不足し(腎気虚という)精や尿が漏れでてしまう状態(腎気不固という)を改善するために処方されたのでは無いかと類推します(ただし、腎陽も腎気の中に含まれます)。

腎陽は膀胱に働きかけ尿の生成に関与しますが、腎陽虚の場合はその機能が上手くいかず、尿が少なく浮腫が出やすくなります。
お酒は湿(身体に不必要で有害な水分)を生みやすいものと考えられおり腎陽虚を悪化させる可能性があるので、浮腫などが出ている時には控えられた方が良いと思います(ただし、量については個人差があるので何とも言えませんが)。

また、腎陽虚は五臓の脾(消化吸収機能)の陽気も同時に虚してしまうことも多く、お酒の量が多いと脾を更に痛めてしまい、気を上手く作ることが出来なくなり腎気不固にも悪影響が及ぶことも考えられます。
食欲不振や下痢、軟便があればその可能性があると思われます。

いずれにしても、お酒の飲み過ぎは西洋医学的にも中医学的にも良くないので、ほどほどにされるべきでしょう。

質問した人からのコメント

2014/8/4 15:57:57

笑う 詳しい説明、ありがとうございます!これをきっかけに東洋医学について勉強したくなりました(^O^)。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

sir********さん

2014/7/2822:53:01

漢方で言う 腎 とは、生命力・生殖能力 のことです。
アルコールと直接は関係ありません。
良いも悪いもありません。

八味丸ですか・・・八味地黄丸だと、飲酒と関係してきますが、この2つでしたら、漢方薬とお酒とも、特別な関係時はありません。

そもそも、温泉に飲酒をしながらと言うのは、基本的にいけません。
注意書きなどに書いてあるかと思いますが・・・

そこを自己責任で飲まれていらっしゃるので、薬や症状以前の問題かと思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる