ここから本文です

「李」は何故「イ」で「LEE」なのですか?

qiang_ling_xiangさん

2007/11/219:31:27

「李」は何故「イ」で「LEE」なのですか?

ラテン表記が「LEE」なら読みは「イ」でなく「リー」になる筈だし、読みは「イ」ならラテン表記は「I」になる筈だと思うのですが、そうならないのは何故ですか?
どなたか本当のところを詳しく教えて下さい。

閲覧数:
2,306
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2007/11/220:02:26

中国語ではそのままリーと発音します。(えつ語方言とかではライ)
韓国語では語頭のラ行は発音しないのでイになります。

ちなみに林さんも、
中国語ではリンさんですが、
韓国語ではイムさんになります。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

rambutanzさん

編集あり2007/11/312:39:08

韓国語の綴りのルールのせいです。

語頭のr音が、無音やnに変化するなどの現象を、「頭音法則」と言います。
これは、ハングルの正式な綴りが決まる前からあった現象で、例外もありました。
これは、アルタイ語族で見られる共通の現象だそうです。
理由は、単純にr発音は発音しづらい、負担のかかる発音のため、発音しやすく変化するからです。
例えば、歴史は력사よりも역사の方が、韓国人から見ると発音しやすく感じます。

南北に分断された後、韓国では、r音が変化する現象を標準の綴りに反映しました。
李がイになるのは、苗字は語頭に来るので、rの音が落ちる現象が起きたからです。

一方、北朝鮮ではその現象を綴りに反映させず、語頭だろうが語末だろうが「リ」と書きます。

日本語に例えると、助詞の「は」は、haではなく「wa」と読みますよね。これを「は」で書くのをやめて、「わ」と書くと決めたようなものです。

綴りが決まると、やはり綴り通り読もうとするので、北朝鮮では頭音法則が弱まり、語頭のrも発音する傾向が強くなっています。
一方、韓国では、語頭だけではなく、語末のrも落とそうとする現象が起きています。(標準表記法では、語頭以外のrは落としてはいけません)

李をLeeと書くのは、綴りは別として「リ」という本来の音を意識しているからですが、頭音法則が適用された「イ」に慣れたため、ローマ字にした場合も「Yi」など、「イ」と書こうとする人も増えています。

また、「ソン・ドンヨル」も本来は「ソン・ドンリョル」が正しいです。「ヨル」と書くのは、語頭の場合のみです。

yong_e_panさん

2007/11/309:01:30

韓国人の名前をローマ時に直すのにルールはありません。勝手にLEEと書いているだけです。REEと書く人もいればEEと書く人もいます。

なお、韓国では外来語や少数の単語をを除いてR/Lが頭に来る単語はありません。これは戦後の変化で、北朝鮮では今でも発音します。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。