ここから本文です

SQって何ですか?株価にどんな影響を与えるんでしょう? わかりやすく教えてく...

tetumarokunさん

2007/11/820:48:23

SQって何ですか?株価にどんな影響を与えるんでしょう?
わかりやすく教えてください。

閲覧数:
7,233
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hhhny992さん

編集あり2007/11/922:23:04

SQ(特別清算値)の算出は、取引最終日翌日の朝一番の値段で決まります。(つまり今日の始値です)
正確には、指数を構成している各銘柄の寄付値(朝一番に成立した値段)に基づいて計算されます。
したがって第2金曜日の朝は、SQ勝負のディーラーたちが、指数を構成する銘柄の売買を活発に行います。

例えば、取引最終日の日経225の終値が16900円だとします。
SQ算出日の朝であれば、投資家は以下のような行動パターンになりがちです。
「17000円のコールオプション(日経225を17000円で買う権利)」を買っている投資家であれば、
SQが17000円を上回るように、日経225構成銘柄を寄付で資金力の許す範囲で買えるだけ買いにいきます。
一方「17000円のプットオプション(日経225を17000円で売る権利)」を買っている投資家であれば、
SQが17000円を確実に下回るように、日経225構成銘柄を寄付で資金力の許す範囲で売れるだけ売りにいきます。
「買い方」「売り方」の注文がぶつかりあい、SQが算出されて、「買い方」「売り方」のどちらかが勝利をおさめるのです。

この時注意しなければいけないのは、あくまでも「指数構成銘柄の寄付値でSQを自動計算する」ということです。
したがって、実際の日経225は16920円で始まったのに、SQは17030円だったということもよくあります。
これは構成銘柄すべてが9時の取引開始と同時に一斉に寄り付くわけではなく、
それぞれの銘柄の売買注文状況によって、寄付時刻がずれるためです。

SQの算出は、それぞれの構成銘柄の寄付値に基づくため、
SQ算出日当日に限って言えば(つまり毎月第2金曜日)、寄付の売買しかほとんど注目されなくなります。
第2金曜日の朝は、通常の日に比べて日経225構成銘柄の売買高が何倍にも膨らむこともよくありますが、
いったん寄り付いてしまうと、その後はほとんど売買高がふえません。
銘柄によっては、9時5分までの売買高が130万株でも、
15時に1日の取引を終了した時の売買高が135万株にしか増えていない、といったような極端なケースもよくあります。
証券会社のディーラーにとっては、毎月第2金曜日の朝は、
日経225構成銘柄を中心に売買が一瞬だけ膨らむ「特別なお祭り」のようなものです。
ただし金銭的な利害が絡むため、市場参加者の注目度は高くなり、マスコミも大きくとりあげるのです。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。