ここから本文です

京急旧1000形についての質問です 旧1000形の正面についていた4つの穴から出てい...

not********さん

2014/8/1222:49:30

京急旧1000形についての質問です

旧1000形の正面についていた4つの穴から出ているホース?はなんのためについている物なのでしょうか?

同じ1000形でもついているものとついていないものがあり、最近の京急の車両にはついていません

700形にもついていましたが、こちらは3本でした。

いったい何のための物なのでしょうか。

補足ジャンパ線というのですね。勉強になりました。

確かに、向かい側ホームに停車中の中間車両の連結部で見たことあります

後一点だけ、京急の先頭車両としては何年ぐらいまで使用されていたのでしょうか?

おおよそで構いません。よろしくお願いします

京急,連結器,ホース,京急旧1000形,ジャンパ線,運転台,正面

閲覧数:
694
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

son********さん

2014/8/1300:55:04

ジャンパ栓と言って、電気やブレーキ管の接続を行います。
これによって連結しても1つの運転台で操作が可能となるのです。
ホースのようなものがそれに当たります。
中には細いケーブルが何本も入っています。

現在は連結器と一体型のものが普及しているので、使用されていません。
1000形でもそれが使用されるようになると廃止されました。
廃止以前の旧型連結器を使用していたころですね。

現在はここに同じものがあります。(画像参照:左)
カバーがかかっている状態です。
カバーを開くとこのようになっています(画像参照:右)

それぞれ別の車両ですが、連結器の構造は同じです。

ジャンパ栓と言って、電気やブレーキ管の接続を行います。...

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yom********さん

2014/8/1311:10:02

前頭車両ではなく、中間車両の間をみたらありますよ

昔は連結の時には、作業員が線路に降りてこれを繋いでました
ブレーキなどの運転台からの信号を、相手側車両に伝えるための物です
本数の違いは伝える指令数の違い

違えば連結は不可能

現在は連結器の下のカバーの中にあります

増解結が増えたので、作業員を要らなくしたためです

プロフィール画像

カテゴリマスター

buk********さん

2014/8/1222:54:21

ジャンパ線と言って、別の編成と連結するときに、電気的に一つの単位にするために接続するものです。

線がある側と、接続する受け側があるので、すべてにジャンパ線があるわけではありません。

また、京急は密着連結器に電気連結器になったので、ジャンパ線は必要がないので廃止されました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる