ここから本文です

宮沢賢治の作品のオツベルと象は、本当は、オツベルなの?それともオッペルなの?

mizutamakorokoroさん

2007/11/1116:21:28

宮沢賢治の作品のオツベルと象は、本当は、オツベルなの?それともオッペルなの?

閲覧数:
3,232
回答数:
2
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dreineerさん

2007/11/1117:26:16

「オツベルと象」は、雑誌『月曜』の大正15年1月の創刊号に掲載されたものが初出です。
「オッペル」と書かれたものの初出は、その同月、大正15年1月29日付『中央新聞』夕刊の中での評論にあった、
「宮沢賢治氏の『オッペルと象』は全くすばらしい読物だ。」という一文。
賢治の死後、賢治全集の編集時に「オッペル」という誤記があったことから長く「オッペルと象」のタイトルで広まったのですが、
そのミスの指摘があってそれ以降は「オツベル」に変更されています。
生前に発表された作品であり賢治本人がこの掲載時の「オツベル」という表記に異議を示した記録もないため
本人が容認している形になるとみなされ、現在では「オツベル」が正しいタイトルとされています。
死の寸前まで自分の作品の推敲重ね続けたことで知られる賢治ですが、
この「オツベルと象」の草稿は残されておらず、雑誌初出時のものが「原本」の扱いになっています。
ただ、「オッペル」とされていた時期が長いためにこの表記を支持する人も少なくなく、
絵本などで出版する上であえて「オッペルと象」としている本も見受けられます。

質問した人からのコメント

2007/11/15 17:03:03

成功 ありがとうございました。本当にわからなくて困っていたのです。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

2007/11/1117:23:26

「新校本宮澤賢治全集」では、「オツベルと象」です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。