私は、56才の男性ですが独身、バツイチで 一人暮らしを平成13年 9月からやっており 嫁さんも子供もいません。

私は、56才の男性ですが独身、バツイチで 一人暮らしを平成13年 9月からやっており 嫁さんも子供もいません。 職業は、タクシードライバーを12年近くやっており 食事は、もっぱら自炊で 夏場でも良く鍋物を自分で作り 食べています。 食材としてですが 大根、冬瓜、南瓜、千切りの筍、マイタケ、玉葱、鶏肉を入れますが キノコ類は、その時によって椎茸だったりシメジだったりと 色々と入れたりしています。 ちなみに大根、冬瓜、南瓜、千切りの筍、玉葱、鶏肉は 必ず入れます。 これら以外でも キャベツ、土生姜とか もやし、胡瓜、千切りされたゴボウ、ジャガイモ、セロリ等を食材として使用するときがあります。 一応、加熱された頃を見計らって 和風のだしの素、黒糖、コンソメ顆粒、鶏肉の粉末スープの素を おおよその目分量で入れていきます。 たまに丸大豆減塩醤油や 麩を入れたりもします。 今日は、追加として 冷蔵庫にあった マロニーを入れて 最後に水溶き片栗を鍋に入れて 一時間程度冷めるのを待ってから 冷蔵庫に入れおおよそ 2時間~3時間かけて 冷たくしていきます。 これで一応、出来上がりと言うことになりますが 何か あと一品食材として加えるならば 何がベストでしょうか? 又、栄養的に言って 何が不足しているでしょうか? 何せ、長年に渡っての一人暮らしで 自炊生活をしていますので アドバイスをお願い致します。 ちなみに包丁を握るのは、5~6日に一回で 乗務休日の日に 自炊をしています。 ご飯は、週に2~3回 米を女性を優しく扱うように水洗い(5カップならば10回水洗い)して 最後には、30秒ほど水を流し 最後に軽く米酢を振って入れており 炊飯器で炊き それを食べています。 良く料理人が ザルでギュッギュッと 力を込めて糠を落としている場合がありますが あれをやりますと ご飯の旨味成分がなくなってしまいますし ふっくらとした感じが ないので 私は、このようにして います。 アドバイスをお願い致します。

料理、食材825閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

自炊しない日や、朝とお昼はどのようなものを召し上がっていらっしゃるでしょう? ご質問内容だけ拝見すると、足りないのはお魚や海藻、乳製品、果物、豆類。 お鍋の具は鶏肉ばかりでなく、たまにお魚を入れるとか、ホタテなどの貝類でもいいです。 そこへお豆腐を加えるか、ごはんと一緒に納豆を召し上がるといいです。 海藻はお手軽なもずく酢やめかぶなら、スーパーのお魚売り場に3個パックで売っています。 果物は朝に摂るのがいいそうです。 旬の果物もいいですし、皮を剥いたり切ったりが面倒ならバナナでもいいです。 それとミルクたっぷりのカフェオレかヨーグルトと、パンと卵でもあればいいですね。 あくまでも、ご質問内容だけを拝見しての意見です。 朝やお昼に私が足りないと申し上げたものを召し上がっていらっしゃるのでしたら気にしないでください。

有り難う御座います。 フルーツ類は、食べると胃が激しく刺すような痛みに襲われますので 殆ど、食べません。 ヨーグルトや生ジュースにしても アウトですが 唯一と言うか 梨と柿のグミッとした完熟の物であれば 何とか摂取できます。 メロンとか桃は、食べると 酔った感じとなり 気持ち悪くなって嘔吐してしまいます。 西瓜は、いくら甘くても 匂いで気持ち悪くなり 食べられません。 それ以外のフルーツは、食べると 胃痛を激しく起こしますので 全く 食べられません。 海の物は、貝類で以前、中毒を起こした事がありますので 食べられませんが 魚や海草類は、夏場以外に良く食べます。 納豆も1ヶ月に一回くらいしか食べません。 乳製品は、良く食べます。 煮豆も大好きです。 食事は、1日に朝昼兼用で一回、夕飯は、不規則で 作ってある鍋物を ずっと食べています。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

問い合わせ内容に沿って アドバイスをしていただき 非常に感謝します。 これから先は、満遍なく 偏らないように食べることを心掛けます。

お礼日時:2014/8/24 6:17

その他の回答(1件)

0

一人の食卓でもなかなかのものですね。 お鍋の作り方のこだわりは脱帽です。 足すものと言えば生野菜ですかね。 キャベツ・ケタス・カイワレなどを添えてシャキシャキした食感を楽しんでください。 米の洗いかたは職人並ですね。 女性を意識して丁寧に洗うのは結構ですが、研ぎ過ぎじゃないですか。 女性も大切にされ過ぎると反乱を起こします。 お一人なら3合を炊いて食べ、残りは熱いうちに小分けして急速冷凍し、解凍して食べるようにすると主食の食べ過ぎが防げます。

亡くなって既に18年以上が 経過しています実の母親から伝授されたやり方ですし 年老いた父親もこのやり方で納得しています。 一度、洗い方を手抜きして 少なくしましたら 米糠の匂いが少し残っていると言われた事がありますので 毎回、同じようにしてやっています。 親戚に和食の料理人がおり 食べてもらいましたところ、手抜きをしないように! と言われたことがありますので 毎回、変えることなく やっています。 今度、鍋物に申された野菜をプラスして入れてみようと考えています。